教室の日常から

2017年6月10日 (土)

二極化…か・続き

社会格差のどこが悪いのだ。努力した人間が正当な報酬を得て、努力しなかった人間がそれなりの収入しか得られないのは当然ではないか。という新自由主義的見解は一見もっともらしい。

しかし、競争の前提に大きな不均衡が生じている状態では、その主張は正当性を持たない。生まれてくる環境を人は選べない。経済力のある親のもとに生まれた人間と、困窮した家庭に生まれた人間では、スタートラインの時点ですでに大きな隔たりがある。もちろん、格差があっても努力によってそれを克服し、社会的な階層を上昇していくということはあるだろう。だが、周回遅れでスタートするような大きな社会格差であるとすれば、どこまでいっても追いつかないと、もはやレースをあきらめるしかなくなる。

前半の「努力した人間が正当な報酬を得る」のはそれでよいのだが、後半の「努力しなかった人間が…」との中間に当たる部分が抜けていることに問題がある。「努力した人間」が「正当な報酬を得る」とは限らないという現実があるのに、それを捨象してしまう言い方ではないか。つまり、「努力した」と言うけれど「努力」が足りなかったのじゃないか、という言い方は、「努力しても」必ずしも「正当な報酬を得る」とは限らないという現実があることを、意図的にか無意識にか分からないが見ないことにしている、ということだ。

社会格差はなくならないだろうし、逆に社会格差の存在が社会に活力を与える側面もあるだろう。しかし、社会格差が拡大するばかりで、しかも社会格差が固定化してしまうような社会は衰弱していくだけだろう。この先に「希望」が見えると思われないような社会に対し、誰が意欲を持って踏み出そうとするだろうか。

「衣食足りて礼節を知る」という語句は「管子」が典拠らしい。「衣食足りて」という前提条件がなければ「礼節を知る」状態は至らない。これと同じように競争の前提が著しく不均衡でなく、社会格差が固定的でないという前提条件のもとでしか、「努力した人間が…」の主張は成立たない。「衣食足りて」いない人間には、まず前提条件の充足こそが必要なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

二極化…か

学力層が二極化しているのではないか、ということはずいぶん前にも書いた。小さな町の塾屋のオヤジが感じるくらいだから、全国どこでも同じようなことが進行しているのだろうなと思う。

具体的な話。つい一週間ほど前に中学生の中間テストがあった。2年生の数学の試験範囲は「式の計算」。一学年150名ほどの学年だが、おそらく平均点は70点くらいか、あるいは80点あたりまで伸びるのではないかと思っていた。これまで何十年もこの時期の「計算中心」の中間テストは、平均点が高いのが常だった。「式の計算」のみという試験範囲なら、「文字式の利用」の「式による説明」ができるかどうかで点数が分かれるくらいで、計算部分の差は小さい。「等式変形」あたりが、得点差になる程度だった。

ところが、平均点を聞いて驚いた。学年平均で55点。クラス平均は50点くらいだという。えっ、なぜ?何がどうなると、このテスト範囲で55点の学年平均になるわけ?平均点を教えてくれた生徒のクラスは、0点や2点の人もいるという。じゃ、何、80点90点取る人がゴロゴロいる一方に、10点20点以下の人も同じくらいいるということ?どうもそのようであるらしい。きちんと点数の取れる人か、ほとんど取れない人。その中間は少ないという。まさかここまで鮮やかに二極分化しているとは思わなかった。

それにしても、2年生の「式の計算」でこの平均点では、この先「連立方程式」はおろか「一次関数」などに進んだらどういうことになるのか。「式の計算」の単項式・多項式の計算ができないということは、基本的な計算の論理がまったくわからないという状態ではないだろうか。計算の論理でさえ大変なのであれば、関数のロジックなどチンプンカンプンの二乗、三乗ではないか。

思うに、この二極分化は今に始まったことではないのだろう。おそらく小学校の高学年にかかる頃から明瞭化しているのではないか。分からない生徒は、小学校計算から分からなくなっている。九九や桁数の多い数の加減乗除、分数計算、小数計算、単位の変換。どれをとっても小学校の算数でよく分からないまま通過してきた生徒が、中学の数学で撃沈している。

この学力の二極化の背景には、さまざまな要因が考えられるのだろうが、親の経済力の二極化という要因がかなり大きいのではないかと推測する。先日届いていた某教材会社のPRパンフレットでも、十年前と比較して所得の二極化が進んでいることが示されていた。公的な資料にあたったわけではないので確証はないが、世相の実感としても、そうだろうなと思う。

この、親の経済力の二極化が学力層の二極化に結びつくという理路は、どなたも想像できるのではないか。自習教材や添削、学習塾や家庭教師を活用できる余裕がある家庭と、教育費を確保する余裕など全くないという家庭では、学習に対する考え方が明らかに異なるだろう。

問題は、この学力格差が将来的に経済格差につながり、社会格差の拡大再生産になり、ひいては社会学者の山田昌弘のいう「希望格差社会」へと続いていくのではないかということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

定期試験の季節

中学校の一学期中間試験が終わったばかりだが、6月に入るとすぐ高校生の定期試験が始まる。4月に高校生になったかつての中三生たちも、初めての定期試験に臨むことになる。例年、一回目の定期試験の結果を見て、あわてて教室に「また、通いたいんですが」と連絡してくる生徒があるのだが、今年はどうなるか。高校一年生は、部活が忙しくてなかなか時間が取れず、教室に通い始めても続かなくなることがよくある。なかなか難しいところだ。

6月下旬になると中学校の一学期期末試験。その前に中総体地区大会があるので、中学生も勉強より部活が優先となる。それはそれでいいのだが、中三生に限らず一学期の定期試験結果を見て思うような成績が出せていないときは、勉強の仕方や内容を見なおしてみたほうがいいと思う。

面談のときに家庭での学習時間を聞いてみると、受験生の中三生ですら一日一時間もやっていないということが、ざらにある。中には冬休み直前の時期でさえ、毎日の学習時間がほぼゼロというツワモノもいる。しかし、当たり前の話だが、やらないものには結果がついてこない。部活で忙しい中学生は、運動部の場合は特に、帰宅後ご飯を食べてぼーっとしているうちに眠くなり、あるいはラインのやり取りをしているうちに遅い時間になり、気がついたら何もしないで寝てしまうという日常があるのではないだろうか。

それに加えて、この何年か気になっているのが「勉強への動機づけの低下」である。岩手の胆江地区の話だけではないと思うが、盛岡以外の地区は、高校入試の倍率が極端に低い。軒並み定員割れである。1倍を越えるのはかろうじて普通科の進学校と、一部の実業高校のみ。こういう入試状況では、高校入試があるからという「動機づけ」がうまく働かない。中三になっても、ギリギリにならないと受験勉強に意識が向かない。

何度か繰り返した話になるが、やはり学ぶことそのものへの「動機づけ」が必要なのではないか。勉強する習慣は一朝一夕には身につかない。「習慣」なのだから、身につくまでは一定の期間が必要だ。しかし、一度身につけてしまえば、「何を」「どのように」「どれくらい」「いつまでに」やればいいのかということが、その後の機会にも利用できる。だから、早い時期に勉強する「習慣」を作ることができた人は、その後の勉強でもあまり苦労することなく進めることができるのだと思う。逆に、なかなか「習慣」にできていない人は、取っ掛かりのところで苦労する。何から始めたらいいのか分からない。どうやって継続していくのか方法がつかめない、などなど。

そういうことで言えば、定期試験の準備は範囲と目標がはっきりと定まるものだから、短い期間の中で「習慣」づくりのパターン練習ができるいい機会だと思う。この先長く続く生活の中で、学習することの「習慣」が身についているかいないかは、大きな違いになるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

今年は自習に来る生徒が多い

年度の初めから、席が空いているときはいつでも自習に来ていいよと生徒には伝えてあるのだが、なかなか利用する生徒が増えなかった。指導の後に質問時間で残ってもいいのだが、これもまたなかなか利用しない。以前は、しつこく質問していく生徒や習慣になって疑問点を必ず一つ確認していく生徒がいたものだが、この数年あまり見かけなくなっていた。

ところが、どうしたわけか今年は自習に来る生徒が多い。夏期特訓後の8月下旬から自習者が増えている。ほぼ毎日だれかが自習に来ている。生徒の中でブームになっているのか、理由はよくわからないが、自発的に学習に取り組むのはいいことである。

自習の場合は時間の制限もないし、教科も全く自由。学校の宿題を持ってきて片付けてもいいし、とにかく自分の考えで進めてもらっているので好きなように勉強して帰っていく。あまり短時間で帰る生徒は少なく、最低でも二時間から三時間は自習していく。雑談はほとんど無し。まあ、これは私がすかさず釘をさすので、雑談できない環境になっていることも関係しているのだろう。

教室が広く思えるほど閑散としていた夏休み前とは異なり、指導日の生徒と自習の生徒で活気づいていい傾向である。どこまで自習ブームが続くのか分からないが、これがきっかけで学習習慣が定着してくれたらいいなと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

因数分解

この時期は平方根に入っているので、そちらのほうが期末テストの中心になるのだろうが、それと平行して因数分解のチェックを毎時間の最初に行っている。この数年そうなのだが、因数分解の公式がきちんと使えない中三生が多くなった。もう少し正確な言い方をすると、学校の授業で習った当初や教室で演習したころは分かったように見えて、その実、何も分かっていなかったと後から気がつくことが増えた。

特に因数分解の公式2と3が使えない。確かに公式1で解けるものもあるので、とりあえず公式1でもよいのだが、問題の中に公式2か3を使わないと解けないものが入っている。何より高校数学に進んだときに困るだろう。

どういうときに公式2と3を使うのか、着眼点をその都度チェックし、公式2と3の左辺の形もきちんと書かせて練習させる。しかし、全部のパターンが混在した因数分解の演習問題を解かせると、ピタリと鉛筆が止まってしまう。やはり、どの公式を使えばいいのかという識別のところで迷っている。ここのところが一人でできるようにならないと、いつまで経っても因数分解がクリアできない。

それともう一つ。根本のところで、因数分解が元の式を因数の積で表すことなのだという定義がつかめていない。だから、積の形になっていないのに、そのまま因数分解の答えとしてしまって違和感を持たない。特に一度展開して式を整理してから因数分解する問題や置き換えを利用する問題などで、そういった因数の積の形にしていなかったりする。

昨年度までは、次の平方根の項目も大事なので、ある程度で因数分解の演習を切り上げたりしたが、秋になると全く因数分解が使えなくて二次方程式で苦労することがよくあった。それもあって、今年は少し長い期間因数分解の計算を徹底させてみようかと考えている。ここを確実なものにしておけば、後で少し楽になるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

中間テストが終わって

1学期の中間テストが終わってテストが返ってきたばかりだが、思ったほど取れなかった教科、意外と取れていた教科、生徒によってもまちまちだ。教室で受けている科目はまずまずだが、それ以外の教科が全滅というケースもある。

大体のところが想定した範囲内なので、あまり驚くようなことはないのだが、今月は中総体の地区大会があり、そのあとに期末テストという流れなので、日程的には落ち着かない。そもそも中三生は四月から、修学旅行・体育祭・中間テストと連続しているので一息つく間もなく毎日が過ぎていくという感じなのかもしれない。だから、中総体の地区大会が終わって県大会への出場がなければ、やっと勉強に向きあう気持ちになるというところなのだろう。

しかし、年々公立高校の入試倍率が低下し、受験勉強に対する動機付けは難しくなっている。短期的なものだけでなく、高校に入ってからも勉強は続くのだから、その基礎になる学力を中学で身につけることが大事なのだということを地道に訴えていくしかない。

そういうことで言うならば、本当はもっと早い段階から学習に取り組む意識づくりが必要だろうと思う。中三生になってしかも冬休みの直前、場合によっては冬休み明けの入試直前の時期でもなんとかなるだろうという認識を、中学生自身も保護者の方も持っていることが多い。だが、入試のみに絞っても、早い時期から時間をかけたほうが確実に実力がつく。その先の高校での勉強まで見据えて考えれば、入試直前の短期間ではなく、少なくとも中三生になってすぐの時期か遅くとも夏休み前くらいからスタートするほうがよい。

長い目で学力をつけていくということが必要なのだが、実際には短期間で結果を出すことを求められる。そういったニーズに対応できなければ塾としての評価は得られないだろう。しかし、付け焼き刃の知識は、所詮付け焼き刃でしかない。本当の力がつかなければ実力試験や入試には対応できない。一つのことが身につくまでは時間がかかるものなのだ。促成栽培では本当の学力とならない。

とは思うものの、まず当面は期末テストに向けてしっかり得点できる部分を確保させなければならない。一つひとつの具体的な試験で結果が出なければ、勉強に向かう動機付けもうまくいかない。長期的な視点を崩さず、短期的な結果を出していかなければなとあらためて思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土)

公布からちょうど七十年…か

中3の社会が、一学期は歴史の近現代史で、第一次世界大戦のところから始まっている。今年は教室で社会を選択している生徒がいるので、ひさびさに小ネタを入れた解説を楽しんでいる。

学校の授業進度とは関わりなく、第一次大戦からソ連崩壊までのポイントを一気に解説し、重要項目を空欄補充でチェックしてまずは全体の概略図を頭の中に作ってもらう。生徒は苦戦している。それはそうだろう、と思う。第一次大戦からソ連崩壊まで八十年弱だが、その中で覚えておいたほうがいい(つまりはテストのときによく出る)項目がぎっしりとつまっているからだ。まあ、早くて四、五回、場合によっては十回くらいも繰り返しチェックすれば覚えられるのではないかと思っているので、こちらは気長に見ている。

年代がなかなか覚えられないという生徒が多い。これも例年のことだ。ゴロ合わせで覚える方法も使ったりするが、近現代では「みんなイクイク(1919)ベルサイユ」のベルサイユ条約ぐらいで、あまり多用していない。それよりも十年刻みの三個セットのほうが、ある程度流れも分かっていいのではないかと思っている。

たとえば、よく使われているのではないかと思うが、1894・1904・1914という日清・日露・第一次の戦争セット。それに続く1919・1929・1939のベルサイユ条約・世界恐慌・第二次大戦など。まったく覚えられないという生徒には、とりあえずこの4つながりと9つながりの十年刻みセット二つだけは覚えるようにと指示している。

このほかにも十年刻みのセットができないかと考えていたが、次のものなどどうだろう。1931・1941・1951の満州事変・太平洋戦争・サンフランシスコ平和条約とか1936・1946・1956の二・二六事件・日本国憲法公布・日ソ共同宣言など。昭和元年が1926だから、高校生ならそこから始めたほうがいいのかもしれないが、中学の歴史では昭和元年を覚えておく意味があまりない(つまり西暦から元号に換算する必要がない)ので省略。

こうしてみると、今年は昭和元年から90年、二・二六事件から80年、日本国憲法の公布からちょうど70年という年なのだなあと改めて思う。おそらく5月3日の憲法記念日には、そういう見出しのニュースが流れるのだろう。それにしても100年前は第一次大戦中か。なんだか遥か昔の出来事のように感じる。けれども、百歳以上の高齢者がごく当たり前に暮らしているので、実はそれほど遠い昔ということでもないのだ。さすがに第一次大戦中のことを記憶している方はいないかもしれないが、二・二六事件や満州事変の記憶ならあるよという高齢者はおられるだろう。

敗戦から七十年が過ぎ戦時中のことを記憶している人は、たぶん八十代以上だと思う。これから十年、長くても二十年経つと空襲の恐怖や戦時中の不自由な空気を実感として覚えている人々がいなくなるということだ。実感を持つ人がいなくなると、机上の空論やら観念的な議論やらが幅をきかせることになるのかもしれない。シリアやイラクのように町が爆撃され焼け野原の広がる光景を目に焼き付けた人が、だれもいなくなる。そうなったときに、空論や観念論にやられないためには想像力しかないのではないか。すぐ近くに爆弾が投下され炸裂する恐怖や瓦礫の山に変わってしまった町に呆然と立ち尽くす人々の心境を、想像力で追体験していくよりほかに方法がないのかもしれない。

本当は、年代を覚えることよりもそのような追体験を持つことのほうが大事なのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

季節の替わり目

気がつくと一年の三分の一ほど記事の更新をしないまま過ぎてしまった。公立高校の入試も終わり、16日には合格発表があった。今年もおかげさまで、無事に全員合格。

当日は確認する高校が多く、全部で二時間近くかかった。まず一校目は、自宅から教室に向かう途中にある北上翔南高。発表の10分前で、すでに掲示される昇降口近くには受験生や翔南高の先輩たちが集まっている。3時になると、ワアッという歓声が上がる。いつも変わらぬ歓喜の渦。まぶしいほどのうれしさが伝わってくる。

合格を確認して足早に駐車場へ戻る。これから確認に向かう受験生や保護者のいくぶん緊張した面持ちも、例年に変わらないことなのだが、ああこの季節になったのだなという感慨が湧いてくる。

二校目の金ヶ崎高へ移動して、教室の生徒の番号があるのを確認する。今年は倍率が低かったので、何も心配することなく見に来ることができた。掲示されてから時間が経っていないので受験生の数は多かった。まだまだ確認する高校が残っている私は、そそくさと車に乗り込み次へと向かう。

残りの高校はすべて奥州市内だが、江刺区・水沢区・前沢区に分散していて手際よく回らないと生徒の来る時間までに教室に入れない。まず向かったのは、江刺区にある岩谷堂高。発表を確認に来た受験生や父兄がまだいるだろうと思って来たのだが、掲示板の前には誰もいない。拍子抜けがするほど閑散とした掲示板の前で、合格した生徒の番号を確認する。

そこから水沢区の水沢商へ回る。駐輪場に近いほうの校門から入ってしまい、掲示板まで駐輪場を通り抜けていく。さてと、あれっ掲示板がない。例年、掲示板は正門を入って左手に置かれる。ところがいつもの場所には何もない。どこだ、と一瞬焦るが、何のことはない。通り過ぎてきたところ、正門から右手にあたるところに高々と掲示されいるではないか。商業科だけの確認なのですぐに終了。

次は水沢高。あまり高くないとはいえ、今年も水沢商の情報システム科と並んで地区の中では一番の倍率だ。受験したのは、模試の成績や自己採点の結果などからして安全圏と思われる生徒たちだったので心配することなく掲示板に向かう。あるある。妹さんと思われる女の子と一緒の受験生が一人いるほかは、掃除中の水高生がちらほらいる程度。いつも水沢高に確認に来る時はこのような状態だ。

あと一校。最後に残っているのは、前沢区の前沢高。ここは三十年以上受験指導していながら、一度も合格発表の確認に来たことがなかった。小高い丘の上にあるので、冬場は大変だろうなと思いながら車でのぼっていく。そのまま校地に乗り入れると、右手の玄関脇に掲示板がある。今年は倍率が低く、再募集になると思われるが、それでも万が一ということがある。無事に確認して車に乗り込み教室へと向かう。ちょうど二時間。

雪がなくて、季節の移り変わりがはっきりしない暖かい冬からいつの間にか春になった。それでも、合格発表が終わると季節が変わったとしみじみ思う。これでこの一年も終わったという実感が広がる。

中3生のみなさん、合格おめでとう。ここから始まる新しい時間こそ大事なので、しっかり歩いて行って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

国語の読解問題

教室に通っているある生徒が、この間、「本を読むのは大好きだし、国語も苦手教科じゃないんだけど、テストになると点数が取れない」とぼやいていた。その生徒は、英語と数学を受講している生徒なので、普段国語を指導することはない。しかし、本好きでよく本を読んでいることは知っていたので、ハテハテと興味を持った。

話を聞いてみると、どうも自分が読み取ったこととテスト問題の要求する答えが合わない。面白い内容だとついつい文章に引き込まれてしまい、設問を忘れてしまう。ということなのだそうだ。なるほど。

これは読書好きな人にはある程度共通することなのではないかと思うのだが、「深読み」をしてしまうということがあるのだろう。この箇所はこうも考えられる、このような可能性もある、といった具合に読み込んでしまうので問題で要求されている項目の本筋が見えにくくなるということだ。「行間を読む」とか「眼光紙背に徹する」とかいろいろ言い方はあるが、批評的に読み込むときには、言外の含みとか反例などを思い浮かべつつ筆者の見解や主張に距離を置きながら読むほうがこちらの読みも深まると思う。しかし、試験問題に向かう場合はそのような深い読みは求められていない。あくまで筆者の述べる論旨に沿っていけばよく、中学生の問題であれば、例外なく本文中に解答箇所またはそのヒントがあるはずなので、それを見つけ出すだけで事が足りる。

つまり、報告書や取扱い説明書を読むようなつもりで、客観的に必要な部分を探し出していくという分析的読み方をするだけで問題は解けてしまう場合が多い。設問の文章そのものも、大きなヒントになる。理科の実験観察でもするかのように、要素を探し出して必要なものと不要なものを区分し、設問の要求する「形」に合うように整形する。こういう「ちょっと醒めた作業」をすれば大きく正答からずれることはない。

面白い内容だとつい引き込まれてしまう、という気持ちはよく分かる。読書好き人間の弱点とも言える。「あまり文章に愛着を持たず、できるだけ素っ気なく突き放して読んでみたら」とあいまいなアドバイスをしたが、文章そのものの面白さにのめり込んでしまうと設問からどんどん離れていくので、「醒めた」読み方は必要だと思う。

私自身、中高生のころは模範解答例と自分の答えが合わなくて???となることが多かった。自分の主観的な読み取りに重点を置いていたからなのだと今では分かるが、当時はなぜ模範解答例のような答えにならないのか悩んだ。できるだけ主観を排し、客観的に材料を探せ。国語の読解問題はこれが基本の鉄則ではないだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

昨日は合格発表

昨日はかなり暖かくなった一日だった。北上の高校から始めて、金ヶ崎、江刺を回り水沢の高校を確認するまで一時間半ほどかかった。今年も高校入試は全員合格。大学受験の方はうまくいかなかったケースが多かったので、まずは一安心。

この5,6年高校入試は全員合格が続いている。もっとも定員割れしている学校が多くなり、以前のようにハラハラしながら発表を確認に回るということのほうが少なくなっている。少子化の影響とはいいながら、高校入試を塾通いの動機付けにすることが年々難しくなってきたとつくづく思う。

しかし、大丈夫だろうと分かっていても、合格発表の掲示板の前に立つとちょっとドキドキする。万が一ということがないとは限らない。長年、必ず一人は不合格になる生徒がいて、掲示板に番号がないという現実に呆然としたことが多くあったからかもしれない。

これで今年度も大きな一区切りだ。今日から春期ゼミも始まる。新年度に向けてまだ十分な生徒数には程遠いけれど、まずは今出来るところから始めていこうと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧