塾からのお知らせ

2017年9月19日 (火)

小学生の英語など・続き

変わるのは小学英語だけではない。

現状では、
   中学 … 1200語
   高校 … 1800語
合計で3000語レベルが高校卒業時の単語数となっている。

これが、中教審の資料によると、
   小学 …  600〜700語
   中学 … 1600〜1800語
   高校 … 2000〜2200語
と増加し、高校卒業時で4000〜5000語程度が目標に設定されている。

今のセンター試験英語をすらすら解いていくには、4000語レベルの単語集をクリアすれば、語数としては十分だと言えるが、このままいくと、これから数年後には5000語から6000語をクリアすることを想定しておいたほうがいいのかもしれない。

中学段階だけで考えても、小学校と中学校の単語数を合計すると中学卒業時点で現在のほぼ2倍の単語数となる。今でさえ単語が読めない、書けない、意味がわからない生徒が相当数存在するのに、倍増したらどうなるのだろう。前回も書いたことだが、小学5,6年の700語をまずしっかり身につけていくことが、中学英語の前提となる時代がやってくる。

文法項目にしても高校内容のものが中学に降りてくることが考えられる。仮定法や関係代名詞の所有格・目的格あるいは分詞構文などがでてきてもおかしくない。

コミュニケーション・スキルにも重点が置かれるようで、中教審が目標例としてあげているものを見ると、中学では「例えば、短い新聞記事を読んだり、テレビのニュースを見たりして、その概要を伝えることができるようにする」、高校では「例えば、ある程度の長さの新聞記事を速読して必要な情報を取り出したり、社会的な問題や時事問題など幅広い話題について課題研究したことを発表・議論したりすることができるようにする」と、いずれも高度なコミュニケーション能力が求められる。

ニュースや新聞記事を読んで社会的な問題や時事問題について話ができるのは、容易なことではない。英字新聞を広げて適当な記事を拾い読みしてみれば、語彙だけでなく背景知識も必要なことがすぐに分かる。つまり、英語以前に日本語の新聞をしっかりと読んで予備知識を持っておかなければならない。

何のことはない。これならば、英語より先に国語の力をまずつけることではないか。日本語で社会的な問題や時事問題について読み、内容をつかみ、議論ができる力があるかどうかのほうが重要ではないか。日本語でできないものは、当然英語でも無理だろう。学年が低くなればなるほど、日本語の占める比重が大きくなると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

小学生の英語など

今日は少しまじめに塾ブログ風の話題を。

すでにご存じの方も多いと思うが、来年度から新しい学習指導要領に応じた移行期間に入り、小学生の英語が大きく変わる。それにより、来年2018年から、英語授業が以下の時間数になるという。

  小学5,6年 … 年間 50時間
  小学3,4年 … 年間 17時間

移行措置なので5,6年は7割実施だが、本格移行するとこれが70時間に増える。3,4年は5割実施で、本格移項後は35時間になるという。

とりあえず移行期間中、3,4年生のほうは隔週程度の割合だし、内容的にも英語に慣れるのが目的だろうから、まあ英語遊びといった感じのものだろう。しかし、毎週1,2回英語の授業がある5,6年のほうは、そうはいかない。

どうやら、この二年間で単語700語を読めて、書けて、意味が分かるところまで考えているらしい。また、来年小5になる現在の小4の生徒が中学2年のときに、中学校の英語教科書の大改訂が予定されているという。小学5,6年の単語700語を消化していることが前提だから、おそらく今の教科書とは全く違った形の英語教科書になるのだろう。

しかし、この移行措置に小学校の現場は十分対応できるのだろうか。それまで本格的に英語を担当したことがなかった先生方が急ごしらえで準備を進めているのが実際なのでは。とりあえず移行期間だから、それほど本格的でなくても…と考えていると、今述べた中学校の英語教科書の大改訂時に、現在の小学生たちがウロウロすることになりかねない。

700語の単語というと、現行の中学英単語1800語の四割弱である。決して少なくない語数だ。今の中学1年レベルの単語はすでに消化しました、ということを前提に中学英語が始まるということになる。現在小4の生徒が中学2年のときには、前年までに中1レベルの単語を消化しているからということで、新しい教科書に入っていくのだろう。

問題は、来年度から始まる移行期間中にきちんと700語の単語をクリアできるかということだ。現状の中1を見ていても分かることだが、中1レベルの新出英単語をきちんと覚えて2年に上がる生徒は少ない。読めない・書けない・意味がわからない、のないないづくしのまま学年が上がり、ますます英語が分からないというケースをよく目にする。

マス・メディアではあまり報じられていないのかもしれないが、メディアが報じ始めるころには問題が深刻化しているのが常だ。特に現在小4の生徒を抱えるご家庭は、来年度からの小学英語に十分注目していたほうがよいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

合格おめでとう

昨日16日は、公立高校の合格発表日だった。今年は受験校がバラけていて、全部で八校の合格発表を確認するのに二時間ほどかかったが、全員合格していた。おめでとう。

胆江地区は1倍を越えたところが水高と水沢商しかなく、他はすべて定員割れだった。しかし、倍率が1倍に届かないからといって手を抜く生徒はおらず、みな最後までしっかり準備をしてくれたことが何よりうれしい。

私立専願の生徒も例年になく多かったが、大学受験の高3生もふくめて全員志望校に合格したのは喜ばしい限りだ。いつもの年だと、高校受験は全員志望校通りだが、大学受験はうまくいかないケースの方が多かった。望むところに進み、自分が学びたいことを学ぶのが一番理想的なことなのだが、なかなかうまくいくとは限らない。それぞれの努力の賜物だと思う。

やらなければならないときにしっかりやるという姿勢を、これからも持ち続けてもらえればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

第3回白ゆりテスト(2013)を実施しました

今朝は雲が広がるものの陽射しが差し込む暖かい朝でした。例年12月の白ゆりテストあたりから寒くなってきたことを実感するのですが、今年はそれほどでもありません。

さて、白ゆりテストも第3回となり、受験生にとっては本格的に実力が試される回となってきました。明日の月曜には学校で実力テストのところも多く、試験が連続する時期です。

前回のテスト結果がよくなかった人は、今回どれくらい埋めることができたのか確認してほしいと思います。逆に、よい判定をもらっている人は、安心せず、それを維持していけるよう心掛けて下さい。

次回、第4回も日程通り1月12日に実施します。私立高校入試の直前でもありますので、その前の実力把握というつもりで受けてみましょう。

なお、今日のテストは16日頃の教室授業の時に返却の予定です。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

第2回中3白ゆりテスト(2013年度)を実施しました

今日は朝から青灰色の雲が一面に広がる曇り空でした。そのせいか、寒さはそれほど感じませんでした。試験の途中から陽射しが差し込み、穏やかな一日だったと思います。

去年から、11月の試験が第2回となり、以下12月・1月・2月まで毎月一回のペースで白ゆりテストが続いていきます。受験に対する意識は、この時期から徐々に強くなってくるように見えます。

学校の実力テストも今月から、中1・中2復習分は全範囲となり、苦手部分を克服したかどうかが問われるようになります。白ゆりテストや実力テストは、その時点での勉強の仕上がり具合を確認するために受けているのだと考えてみてはどうでしょう。結果の点数だけに一喜一憂するのではなく、まだどの部分が不足しているのか見つける機会にしてほしいと思います。

今日の白ゆりテストの結果は、20日前後に返ってきます。来月の第3回と合わせて、冬休み中に重点を置くポイントを見つけ出して下さい。

なお、第3回以降の白ゆりテストは予定の日程通り行います。次回、第3回は12月1日(日)となります。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

第1回中3白ゆりテストを実施しました(2013年度)

昨日、11日に今年度最初の中3白ゆりテストを実施しました。プレテストだった頃を含めて、この時期に教室で受けた生徒数としては一番少ない人数でした。第2回の頃までには、それなりの人数にしなければと思っています。

朝からよく晴れて、気温はぐんぐん上がり、エアコンをかけている教室の中もあまり涼しくなかったかもしれません。省エネということもありますが、キンキンに冷房の効いた部屋はあまり好きではないので、設定温度を高めにしています。外気温との差が大きいと、外に出たときに身体がうまく対応できない感じがするためです。ということで、ゆるめの冷房をご了承下さい。

さて、第1回なので、どの程度のレベルで出題するのだろうかと思っていましたが、数学などが少し難しかったのではないかと思います。特に、この時期だと、本格的な受験勉強を始めたばかりの生徒も多いと思いますから、なかなかうまく解けない問題が多かったのではないでしょうか。

次回、第2回は11月4日。月曜日ですが振替休日となっていますので、この予定通りの実施になると思います。

今回のテスト結果は、8月下旬になってから返ってきます。それぞれ教室指導の時間に受け取ってください。判定の見方など含めて、一人一人に説明しながら返却します。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

第5回白ゆりテストを実施しました

今年度最後の模試として第5回白ゆりテストを実施しました。この数日暖かい日が続いていましたが、昨夜から風と雪が吹き荒れて、今朝は久々に白い路面となっていました。

しかし、よく晴れた日中の陽射しは、春の近さを感じさせ、今日が節分であることを思い出させてくれます。

あと一ヶ月ほどで公立高校の受験となります。今年は、例年より試験日が早いので、あっという間に受験当日になりそうです。残り一ヶ月の期間、最後の仕上げに励んでほしいと思います。

なお、今回のテスト結果は二週間ほどで返ってきます。志望校カードにも書いてありましたが、志望校判定は出さず第一志望の中での順位のみ成績表についてくるということのようです。

テスト結果については返却時に再度触れますが、残り三週間くらいのところになっていると思いますので、最後にどこにポイントを絞るかの判断に活用して下さい。

なお、今年度は3月31日(日)に、現中2生を対象にした「中3直前テスト」を実施の予定です。希望する人は早めに申し込んで下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

第3回白ゆりテスト(2012)を実施しました

今日は穏やかな朝で、十二月初めにしてはあまり寒く感じませんでした。

白ゆりテストも第三回。五回あるテストのちょうど真ん中の回です。例年、この第三回あたりから受験数が多くなるのですが、今年は十二月に第三回という日程に変わりましたので、総受験数も一層増えるのではないかと思います。

教室での受験者も前回より増え、より模擬試験らしくなりました。今回から受けることになった生徒は初めてのテストで、少し難しく感じたかもしれません。

ただ、いつも言っていることですが、学校の実力試験もこの白ゆりテストも、試験に慣れることが一番の目的です。結果はもちろん大事です。けれども一回の実力試験や模擬試験の結果がよくても悪くても、それで安心したり落ち込んだりするのではなく、その結果を自分の勉強を見直す材料にしてほしいと考えています。

実際の高校入試で結果を出す。これが一番の目的ですから、それに向けて調整していくことが大切だと思います。それは勉強の面だけでなく、精神面や体調管理についても言えることです。大事な大会に臨む運動選手と同じように、最良の状態で受験できることが望ましいと思います。

今年度は、年が明けて一月と二月にあと二回の白ゆりテストがあります。今日の結果が返ってきたときには、しっかり問題点を確認して次の試験に臨んで下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

第2回白ゆりテスト(2012)を実施しました

今日は 一面の曇り空が広がる朝でしたが、そのせいかあまり寒くは感じませんでした。

例年であれば十一月の白ゆりテストは第3回なのですが、今年は第2回。このあと十二月から二月まで毎月一回ずつ実施となります。昨年まであった二月の直前模試がなくなり、かわりに二月まで白ゆりテストをずらした形になっています。

というわけで今日のテストは第2回の模試ということになりました。八月の第1回のときよりは少し生徒が増えましたので、いくらか模擬試験の雰囲気になってきたように思います。

毎年同じような話になりますが、白ゆりテストを模試として実施しているのは二つの理由からです。一つは同じ学区内の他校生との比較によって、自分の位置をつかんでもらいたいということ。もう一つは、今の時点でどの項目が十分でどこが不足しているか確認してほしいという考えからです。

入試はまだまだ先という意識が強いかもしれませんが、あと二ヶ月半ほどで私立高校の入試となります。それから一ヶ月半しないうちに公立高校入試がやってきます。今回のテストは二週間ほどで結果が出ますので、現在の力を確認し次の試験に向けて活用して下さい。

次回第3回はスケジュール通り12月2日に実施の予定です。
以下、今年度の残りスケジュールを載せておきます。

   中三   第3回  12月2日(日)
          第4回  1月6日(日)
          第5回  2月3日(日)

   中一   第2回  1月13日(日)

   中二   第2回  1月13日(日)
          第3回  3月31日(日)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

今年のセンター試験

センター試験の平均点予想が各予備校から出されていましたので、以下にまとめておきます。

【 駿台 予想 】

国語 118     数学Ⅰ・A 67    数学Ⅱ・B 48
英語 筆記 126    英語 リスニング 24
世界史B 59   日本史B 62   地理B 60    倫理 62
政治・経済 54  現代社会 56   倫理・政経 70
物理Ⅰ 66    化学Ⅰ 64    生物Ⅰ 64   地学Ⅰ 65

文系5教科7科目  554(900)
理系5教科7科目  586(900)

【 河合塾 予想 】

国語 121     数学Ⅰ・A 69     数学Ⅱ・B 54
英語 筆記 122    英語リスニング 24
世界史B 61   日本史B 67   地理B 60   倫理 66
政治・経済 59  現代社会 55   倫理・政経 65
物理Ⅰ 67    化学Ⅰ 65    生物Ⅰ 62   地学Ⅰ 63

5教科7科目文系 578
5教科7科目理系 581

【 代ゼミ 予想 】

国語 118     数学Ⅰ・A  70    数学Ⅱ・B 49
英語 筆記 120    英語 リスニング 27
世界史B 59   日本史B 64   地理B 64   倫理 65
政治・経済 59  現代社会 62   倫理・政経 65
物理Ⅰ 64    化学Ⅰ 61    生物Ⅰ 65   地学Ⅰ 63点

5教科7科目文系 570点
5教科7科目理系 588点

他教科についてはまったく分かりませんが、今年の英語(筆記)は解きやすかったのではないかと思っていました。各予備校の予想点を見ても、昨年より少し高い点数になりそうだという感じがします。

文型5教科7科目の予想点が554~578と幅がありますので、実際がどの程度になるのか気になるところです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧