スポーツ

2015年4月 1日 (水)

世代交代

サッカー日本代表のチャレンジカップをテレビで見ていて、「世代交代」という言葉が自然に浮かんできた。チュニジア戦ではそれほど感じなかったけれども、昨日のウズベキスタン戦の後半はそれを強く印象づけられた。

特に、Jリーグでプレーしている若手の動きが良かった。岡崎のシュートをアシストしたFC東京の太田。飛び出していた相手キーパーの頭上を越えてロングシュートを決めた鹿島アントラーズの柴崎。パスを受けてドリブル突破し、きれいなシュートをあげたガンバ大阪の宇佐美。最後の選手交代でチュニジア戦に続いてチャンスをもらい、ヘディングシュートを決めた名古屋グランパスの川又。昨日の試合には出番がなかったが、チュニジア戦で見せたFC東京の武藤の動きも新鮮だった。どの選手も新世代だ。

本田にしろ香川にしろ動きは悪くなかった。岡崎は、それ以上に良かった。けれども、彼らも不動のレギュラーと安心していられなくなるのではないか。そんなふうに思うほど若い世代の動きがよかった。ハリルホジッチ監督になってからまだ二試合しか行われておらず、しかも親善試合ということを割り引いても、これからの試合に期待が持てるチームとなるのではないか。

これまで代表チームの試合では、ボールを保持するポゼッション型の展開が多かった。パス回しの上手さはよくわかったが、最後のシュートにつながらない。相手ディフェンダーの外側でパス交換されている時間が長く、攻めきれない。そのような印象が強かった。

しかし、この二戦で見た代表チームは、これまでと違う。ウズベキスタン戦で特にそれを感じた。相手ボールを奪ってから素早く縦にパスをつなぐ。ボールがゴールへと向き、シュートにつながるプレーが選択される。これまでに見られた、ゴール前でいつまでパス交換が続くんだろうと思うようなプレーは少なかった。

こういう動きはどこかで見たことがあるような気がするな。あ、そうか。ヨーロッパのサッカーではよくある動きだ。ボールの動線がきれいにゴールへ向かっていく。ボールの動きが合理的で無駄がない。不用意なバックパスや、前線にパスが出せないため周辺でパス回しをするという遅滞がない。

格上のチームを相手にしても、今回と同じような動きができるのであれば、かなり面白い試合展開が望めそうだ。こちらが守備的にいかざるを得ず、相手の攻撃時間が長いときにどのように攻めていくのか。カウンターで素早くボールを縦に入れて一気にゴール前に人数を集めることができるのか。これからの試合が楽しみだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

祝・楽天イーグルス日本一

第七戦までもつれるとは思わなかったが、めでたしめでたし、の結末である。特に、第六戦で黒星のついた田中投手が、第七戦の最終回を投げきり胴上げ投手になったのもよかった。

四年前もクライマックスシリーズまで行きながら、結局日本シリーズには進めなかった。今年は、安心してみていられる強さが楽天には感じられた。巨人が相手だから、もしかすると日本一は厳しいかもしれないと思っていたが、よかったよかった。

宮城だけでなく、岩手でも福島でも、この楽天イーグルスの優勝を心待ちにしていた人は多いと思う。東日本大震災以降、東北にとって一番の喜びである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

ひさびさにサッカーネタ・ついでに

前回の記事で、今野選手はセンターバックではなく、守備的中盤に置いた方がいいのではないかと書いた。が、そうすると4-2-3-1の布陣が難しくなるなあと気がついた。

センターバックに本職の大きな選手を入れて今野選手を一列前に上げると、これまで「2」の位置にいた遠藤、長谷部両選手をどうするのだということになる。長谷部、今野で守備的中盤にすると遠藤選手をその前に出すことになるのだが、そうすると「3」のメンバーをどう組めばいいのだ、一体。

香川と本田と岡崎の三選手のうち誰かをはずすか、または岡崎選手を「1」のワントップにして前田選手をはずすか。そうした場合、遠藤選手は「3」のどこにいるのか。4-2-1-3みたいなスリートップ、いわゆるトリデンテというやつですな、にして香川、岡崎、本田選手を最前線に置くか。でもなあ、これはロナウジーニョやエトーが在籍していたころのバルセロナみたいに、強力なフォワードとそれを支える攻撃的中盤、具体的にはシャビとイニエスタが縦横無尽に駆け回りパスをつなげられたからできた話で、日本代表に要求するのはねえ…。

であれば、代案としては3-3-3-1という布陣もあるか。スリーバックとはなるのだが、中盤の「3」を逆三角形ぎみにして、スリーバックの一列前に今野選手を守備的中盤、その前に遠藤、長谷部両選手を攻撃的中盤として連携してもらう。これだと前線の3-1の部分はいじらなくて済むのでよいのではないか。

ただ難点は、4-2-3-1の時みたいに両サイドバックの長友、内田両選手がサイドを駆け上がり攻撃参加することがむずかしくなるのかもしれない。これはこれで寂しいなあ。やはりライン際を駆け上がったサイドバックの選手が攻撃参加し、クロスボールを上げてこそゴール前のチャンスは広がると思う。何と言っても高速で駆け上がるシーンが減るのは、なんだかなあ…である。

こうしてみると、どういう布陣でどの選手を配置するかというのは、やはり簡単なことではないのが分かる。それにしても、センターバックの本職で日本代表に適した選手はいないのだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

ひさびさにサッカーネタ

とよ爺先生のブログ記事「どうするべきか」 にコメントを入れようと書き出してみたら、あまりにも長くなってしまった。これではひんしゅくを買いそうなので、当方のブログに公開コメントとして載せることにした。以下がそのコメント。

ごぶさたしております、学び舎です。
サッカーネタですので、ちょっとコメントさせて下さい。

コンフェデレーションズ・カップは、緒戦のブラジル戦以外スポーツニュースでしか観ておりませんので、これまでのザック・ジャパンの姿からという話になります。

とよ爺先生の記事中に指摘されている日本代表チームの問題は、監督を解任すべきかという点とディフェンスの強化をすべきではないかという二点ですが、それぞれについてひとこと述べさせて下さい。

まず、監督解任について。セルジオ越後氏が言うように一勝もできずコンフェデを終えてしまったチームの監督に、海外であれば解任騒動が起きて当たり前だというのは、よく理解できます。特にセレソンの試合結果に厳しいブラジルなどは風当たりがものすごいということもよく耳にします。

しかし、ザッケローニ監督は歴代日本代表監督の中で比較すると勝率のよい方に入ります。最近までの五人の代表監督で、一番いいのがオシム監督で65.0%。次がザッケローニ監督で60.0%。以下、ジーコ監督52.8%、岡田監督47.7%、トルシエ監督47.2%となります。(勝率はスポ日の資料から計算してみました)

もちろん、オシムもザッケローニも他の監督と比べると、試合数が少ないので単純比較はできません。ジーコ監督72試合、岡田監督65試合、トルシエ監督53試合に対しオシム監督20試合、ザッケローニ監督39試合です。

オシム監督の場合は病気で倒れたという不運がありますので、「オシムを惜しむ」などと私はオヤジギャクを飛ばしておりますが、残念でなりません。ザッケローニ監督については、あと20試合くらい任せてからの判断でよいと思います。個人的には、現状でも日本人選手のいいところをうまく引き出している名将だと思いますが。

次に、ディフェンスですが、これは以前から気になっていました。4-2-3-1の布陣で両サイドバックに、長友と内田、センターに吉田と今野。これが定位置だと思いますが、センターバックに今野を起用した一番最初の試合から大丈夫かという感じがぬぐえませんでした。

今野選手は運動量が豊富だし、守備の読みも的確ないい選手なので、守備的中盤の位置にいるのが向いていると思います。センターバックは、やはり中澤とか闘莉王のようながっしりした背の高い選手を置かないと、相手フォワードへの威圧感に欠けるのではないでしょうか。

やはり本職のセンターバックを起用すべきだし、ここがどっしりと安定していないとチームの安定感が守備の面で崩れていくように思います。海外の代表チームでもセンターバックはチームの精神的支柱であることが多いので、そういう面でもリーダーシップが発揮できる選手を置きたいところです。

と、なんだか「ウィニングイレブン」のゲームでもやっているような話になってきましたが、こうやってサッカーファンが勝手に日本代表チーム論議をあちらこちらで盛り上げることが、実は一番大事なことかも知れません。

こうして書き出してみると、ブログ記事としても長い。コメント欄に入れなくてよかった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

PK戦

延長戦後半も終わり、決着がつかないままPK戦へともつれる。さて、あなたは5人のキッカーの中へ入りたいか、入りたくないか。

自分のキック力に自信があっても、その時の微妙な気持ちの問題で迷うことがあるかもしれない。PK戦で蹴るということは、自分のPKの結果に責任をもつというリスクを負うことだから、できたら蹴りたくないと思うときがあっても不思議ではない。

いくら名選手でもPKをはずすことはある。ロベルト・バッジオ、デビッド・ベッカム、中田英寿だってPKをはずしたことがある。去年のワールドカップで駒野がPKをはずした瞬間は記憶に新しい。

そう考えると、アジアカップで本田圭佑が試合中のPKをはずしながら、PK戦の一番目に蹴ってPKを決めたことがあらためてものすごいことに思えてくる。本田選手は、PKははずすこともあるからと最初のPKの失敗を引きずらなかったようだ。この切り替えと自分を信じる力はすごい。あの場面で、一番目に蹴ろうと思う人間が一体どれくらいいるのだろう。5人のキッカーの中にさえ入りたくないと思う人もいるはずなのに。

月並みな言い方ではあるが、あらゆるスポーツは結局相手との勝負というより、自分との勝負という要素が大きくあるように思える。テニスもゴルフも、相手からのプレッシャーより自分が自分にかけるプレッシャーに負けて調子を崩してしまうのではないか。自滅していくプレーとでもいうか。

自分を信じる軸をしっかり持つこと。何もスポーツに限った話ではないかもしれない。

余談だが、一時期日本代表の監督だったイビチャ・オシム氏は、PK戦になると監督のする仕事は何もないからとPK戦が始まる前に早々とピッチを後にした。確かにそうなのかもしれないが、アジアカップのザッケローニ監督のように、PK戦の成り行きを見守っていてもらいたいと個人的には思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

視野または視界

先日のアジアカップでオーストラリアを破って優勝した日本代表の中でも、本田圭佑と香川は決定的なラストパスを出したり、自分でシュートを決める力を持った二人だと思う。パスの出し手という意味では、遠藤や長谷部といった守備的MFの位置にいる二人のほうがセンスがいいのかもしれない。しかし、本田と香川がこの二人と決定的に違うのは、前線で加速しながら瞬時にパスかシュートかドリブルかを選択できる視野の広さだと思う。

ポイントは高速で移動しながら視野が狭くならないという所ではないか。世界のトップレベルにいる前線のプレーヤーはみな同じような能力を身につけている。メッシにしても、エトーにしてもペナルティエリア付近から一気に加速して決定的なチャンスを作り出す。スピードアップしながら視界は開けているという驚くべき状態にいるように見える。

車を運転しているときのことを考えてみると分かりやすい。一般道を低速で走っている場合にくらべ、高速道路を高速走行しているときの視野は狭くなっている。前方の限られた範囲の情報しかとらえていない。

加速しながら広い視野を維持する。これは示唆的だ。高速で動きながら視野を狭くしないというあり方。ともすると低速で移動しているのに視野狭窄を起こしそうな私には、ハードルが高いけれど、そういう気持ちだけは持っていたいものだと思う。

視界を広く保つものは何か。それは顔を上げているということだろう。下ばかり見ていては、おのずと視界が限られてしまう。そして視線の移動も必要だ。一箇所に固定してしまいそうな視線を多方向に振り向けてみると、色々なものが見えてくる。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

アジアカップ決勝進出

昨夜の韓国戦はある時点までは予想された展開だったものの、結末はドラマチックとしか言いようがなかった。

ドローのまま延長戦でも決まらずPK戦になるかもしれないなという予感はあったが、延長線の前半にPKからの押し込みで2点目を上げたときには、このまま逃げ切るかもしれないというかすかな期待が浮かんできた。しかし、延長後半に入ってからFWの前田を下げて代わりにDFを投入し、5バック状態になったときにイヤな感じがした。やはりイタリア伝統の引いて守る戦術か。ザッケローニはもう少し攻撃的にいくのかと期待していたのだが…。

スペイン・リーグやイングランドのプレミア・リーグを見ていると分かるが、リードしていても引いて守るのではなく、最後まで攻め続けるチームが多い。守って逃げ切るより、攻撃し続けて相手に守備の時間を多く取らせた方が結果的にリードを守りきれることになるし、見ている観客も満足する。だから、FWの前田と交代にFWの選手を入れてもっと攻める姿勢を見せるのだろうと思っていたのに、DFを入れるとは。選手には守りきって終わらせろというメッセージになるわけだから、どうしても相手の攻撃をしのぐ受け身の試合になる。

それでも延長後半も残り時間が少なくなったときには、なんとかなるかもしれないなと甘い考えが浮かんできた。その直後である。FKから韓国に同点ゴールを押し込まれた。えっ、ここで同点かよ。それはないだろう。このままPK戦になったら悪い流れのままいくことになる。一方の韓国は追いついて気分的にも盛り上がった状態でのPK戦だから、気持ちの上でも有利である。

延長後半のロスタイムが終わりPK戦に入ることが決まると、一緒に観ていた息子は「なんであんなにゴール前の人数が多いのに、点数を入れられるわけ?」と当然の疑問を口にした。「多いからっていいもんじゃないよ。誰かがやってくれるだろうって無意識に頼る気持ちが生まれるからな」解説者も同じようなことを言っている。

それからのPK戦がすごかった。数年前のPK戦のGK川口の神がかり的なプレーを思い出した。韓国の1本目を止めると圧倒的に有利なんだがなあ、と思っていると、その通りになった。まさか2本目も、ということはないよな。あ、あ、止めてしまった。これで3本目も止めたりしたら奇跡だ。うわっ、えっ、止めたんじゃなくて韓国の選手が枠をはずしたのか。結局韓国選手は3人続けてPK失敗である。あるんだ…、こういうPK戦が。

日本の最初のキッカーになった本田圭佑が落ち着いていた。延長に入ってからのPKを止められたという悪いイメージを微塵も感じさせなかった。1人目に本田を指名したとすれば、ザッケローニの本田に対する信頼は相当厚いのだろう。

ほとんどあり得ないような展開の試合だった。延長戦以降の展開はそうだったと思う。こうなったら決勝で因縁のオーストラリアにきっちりと勝ってもらいたいものである。ドイツ大会での惨敗を払拭する絶好の機会である。できれば2-0で優勝をねらってほしい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

ザッケローニの初采配

不思議な光景だった。センターバックの位置に背の高い中澤と闘莉王がいない。今野がセンターバックになっている。何故だ?右サイド内田、左サイド長友はともかくとして、今野と栗原のセンターバックでアルゼンチンの猛攻を止められるのだろうか。

ところが試合が始まってみると攻守のバランスがいい。攻められているときは、ディフェンダーだけでなく中盤の守備的な位置に下がった長谷部や遠藤が加わり、前線の本田、香川そして岡崎や森本でさえ守備に戻っている。

長旅の疲れがあるとはいってもアルゼンチンのフォワードは強烈である。メッシ、イグアイン、テベス。いずれもスペインとイングランドのリーグを代表し、世界の頂点にいると言ってもいい選手たちだ。ボールの支配率こそアルゼンチンが圧倒していたが、メッシの瞬間的な速さにも日本の守備はどうにか対応していた。

そして攻撃の形がよかった。素速くボールを回しシュートで終わる攻撃が前半から何度か見られた。ボール支配率では圧倒されていても、ボールを奪ってからの少ないチャンスを有効に使い得点していたのではないか。特に香川や、後半に入った前田の動きが目を見張るほどよかった。

ザッケローニ監督が指揮するようになってまだ日が浅く、練習で指示する機会も少なかったと思うが、これまでの日本代表とは異なる面が垣間見えて、今後に期待が持てそうな感じだ。

もちろん国際親善試合だから、負ければそれで終わりというような緊迫した試合ではない。しかし、アルゼンチンはベストメンバーで来日しており、このチームはW杯優勝のスペインとの親善試合にも勝っているほどのチームである。ホームでの試合とはいえ1-0で勝ったことの意義は大きい。

ザッケローニ監督については詳しく知らなかったし、姿を見るのも昨日が初めてだったが、ジローラモさんみたいなステレオタイプにはまるイタリア人でなく、靴や鞄の職人さんのような実直な雰囲気を醸し出していて親しみが持てた。

イタリアのサッカーというと「守備的」という言葉がすぐ浮かぶ。だが、それは昔の話で、現在のイタリアサッカーは、以前のようなガチガチの守備的サッカーではない。攻撃と守備のバランスを取るサッカーということになるのだろうが、ザッケローニ監督が日本代表の守備意識を大きく変えるのではないかと期待して応援したい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

基本に徹する

W杯以来のサッカーネタになるが、優勝したスペインの中盤を支えていたシャビとイニエスタの二人は、ともにFCバルセロナの中心選手である。この二人の何がすごいのか。

バルセロナは華麗なパス回しで知られているが、中でもシャビとイニエスタはパスがうまい。出すのも受けるのもどちらもである。そしてボールを相手に奪われることなくキープすることができる。だからバルセロナでも代表チームでも、他の選手は近くにシャビかイニエスタがいないか、まず二人を探す。デコが在籍していた頃はさらに一人増えて三人だったが、イニエスタが控えに回ることも多かったので、同時に三人ともピッチにいる機会は少なかったと思う。

これらの選手のパスの技術は驚くべきものがあるが、しかしその基本は一つだ。正確に蹴り正確に止める。この当たり前のことが完璧に身についている。サイドチェンジする長いパスを足に吸い付けるかのようにトラップしボールをキープしていく様は、何でもないように行われるため技術の高さが目立たないのだが、多くの選手の手本となるようなプレイである。

フランスの養成所などもそうであるようだが、ヨーロッパの才能ある子どもたちは、徹底的にボールを蹴ることと止めることを繰り返し練習させられる。基本中の基本とも思えることが完全にできるようになるまで、徹底的に鍛えられる。このあたりがヨーロッパのサッカー選手のレベルが高い理由なのだと思う。

パスを出す、パスを受けるという単純なことが大きな差を生み出すのは少し考えれば容易に想像できると思う。パスを受ける際にボールを自分の体から離してしまったら相手選手に詰められてすぐボールを奪われてしまう。逆に相手ががっちりと引いて守備を固めていても、速くて短いパス交換と連動させて攻撃側がどんどん動いていけば、固い守備を崩すきっかけが生まれる。

基本に徹するということが何事も大事だというありきたりの結論になるが、勉強でも同じだと思う。基本を徹底的に身につけてもらわない限り、その先の飛躍は望めない。しかし基本技術の習得は概ね単調なものになりがちだから、敬遠されることも多い。一定期間に渡って、忘れそうなタイミングに反復させて定着させるような工夫も必要なのだろう。

何事も基本に徹することだ、実際のところ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

スペインが決勝進出

W杯の準決勝でスペインがドイツに1-0で勝った。コーナーキックからプジョルがヘディングで合わせた得点。この1点が勝負を分けた。

今大会のドイツはイングランドから4点、アルゼンチンからも4点を取るという強烈な攻撃力を見せていた。特にバイエルン・ミュンヘンのシュバインシュタイガーの動きがすばらしかった。バラック欠場の穴を埋めてあまりある活躍だと思ったが、シュバインシュタイガーだけでなく若い選手がどんどん伸びてきているのに驚いた。シュバインシュタイガーやキャプテンのラームがもうベテランという感じになってしまったことにも感慨を覚えた。ユーロ2004のころが一番熱心に欧州サッカーをテレビ観戦していた時期だが、このころの彼らはドイツチームの中で若手の成長株だった。

イングランド戦は見逃したがアルゼンチン戦を見たとき、このドイツの勢いと攻撃力には勝てないなあと感じた。特にアルゼンチンはメッシがまったく仕事ができなかった。ポジションが低いこともあるし、ドイツが人数をかけて囲みにかかるので自由に動けないことが原因ではあろうが、期待はずれであった。

そのアルゼンチンに勝ったときのドイツの強さを見て、準決勝のスペインとの対戦が楽しみだなと思っていたが試合時間が早朝ということもあり、テレビでの中継は見ないでしまった。ネットで試合結果を確認したとき、得点がプジョルだったことにも驚いたが1-0という接戦だったことに意外な感じを覚えた。シュートの打ち合いになって3-2くらいになるのではと思っていた。

スペインは中盤にいるシャビとイニエスタというFCバルセロナの二人がボールの供給源となる。シャビ・アロンソが入るとさらにもう一つ増える。サイドからも中央からもどこからでも前線にいいパスが供給される。特にシャビとイニエスタは、バルセロナでいつもやっていることをそのまま代表でも出している感じがする。

決勝のオランダ対スペインも期待できそうな試合だと思う。どちらにしても攻撃的なサッカーなので、それこそ3-2くらいの打ち合いで多く得点した方が優勝、みたいな試合が見たい。守備的に引くことはないはずである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧