« 老い | トップページ | 「ク活用」と「シク活用」・続き »

2020年8月 8日 (土)

「ク活用」と「シク活用」

先日、「UKY」さんという方から次のようなコメントをいただいた。

  「よし」はク活用で、「あし」はシク活用
  逆に、「よろし」はシク活用で、「わろし」はク活用
  なぜだろう。単に語感で決まっているのだろうか
  ご存知でしたらご教示ください

形容詞のク活用とシク活用の見分け方については、たとえば「て」をつけて「クて」となるか「シクて」となるか、あるいは「なる」をつけて「クなる」、「シクなる」で区別せよ、というようなことしか話していなかったので、「UKY」さんの根源的な疑問にはハッと胸を突かれた。つまり、これまでク活用とシク活用の違いが何によるものなのか、私も考えたことがなかった。

そこで、古い古典文法の解説書や教科書をひっくり返してみると、ちゃんと出ていた。

まず、松尾聡 著『古文解釈のための国文法入門』(研究社、1973)という半世紀ほど前の本では

 ク活用形容詞は情態的(注、状態的の意味か)な属性概念をあらわすものが多く、シク活用形容詞は情意的な意味をもつものが多いといわれる。発生・発達もシク活用形容詞はク活用形容詞に遅れると考えられている。(p294)

次に、江口正弘・山岡萬謙 編『<改訂版>新読解古典文法』(尚文出版、1984)には

 ク活用の形容詞は、「荒し・長し・清し」のように事物の状態を示すものが多く、シク活用は、「悲し・恋し・苦し」のように感情を示す語が多い。(p30)

と出ている。要するに「ク活用」の形容詞は「状態」、「シク活用」の形容詞は「気持ち」を示すものが多い、ということのようだ。

では「UKY」さんが疑問に思った四語についてはどうなるのか。『岩波古語辞典』に載るそれぞれの語義を引用すると次のようにまとめられる。

 よし(ク活用)吉凶、正邪、善悪、美醜、優劣などについて、一般的に好感、満足を得る状態である意 …(状態)

 よろし(シク活用)…その方へなびき寄り近づきたい気持ちがする意 …(気持ち)

 わろし(ク活用)…他と比較して、あるいは基準に当てて、質が落ちる、価値が劣る(状態である)意 …(状態)

 あし(シク活用)…ひどく不快である、嫌悪されるという感覚、情意を表現するのが本来の意味 …(気持ち)

つまり「よし」「わろし」は「状態」を示すのでク活用、「よろし」「あし」は「気持ち」を示すのでシク活用になるようだ。「語感で決まっているのだろうか」という推測は、広い意味では当たっているのではないかと思う。

|

« 老い | トップページ | 「ク活用」と「シク活用」・続き »

古典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老い | トップページ | 「ク活用」と「シク活用」・続き »