« 蟷螂の斧・その1 | トップページ | コロナ禍の中で・その1 »

2019年6月30日 (日)

蟷螂の斧・その2

理科の音の実験に、簡易真空装置を使ったものがある。目覚まし時計を中で鳴らし、徐々に空気を抜いていくと音の聞こえ方がどうなるかという、おなじみの実験だ。

簡易真空装置で徐々に空気を抜いてゆくと、次第に音は小さくなり聞こえなくなる。目覚まし時計は鳴っているはずなのに何故聞こえないのか。振動を伝える空気がないから、というのがたぶん記述問題の場合の模範的な解答例になるだろう。

固体、液体、気体に関わらず振動を伝えるものがあれば音は伝わる。逆に、伝えるものがなければ何も聞こえない。このことがとても比喩的なことに思えてならない。

私たちの置かれている状況も似たようなものではないのだろうか。テレビをつけてみるとバラエティ番組かグルメ番組かテレビショッピングばかりで、報道系は少ない。硬派のドキュメンタリ番組となると更に少ない。たぶん視聴率が取れないからだろう。

参院選間近だが、各政党の選挙公約を比較解説したりする番組がほとんどないのも同じ理由からか。スポンサーの意向もあるのかもしれない。よらしむべし知らしむべからずが望ましく、寝た子を起こすような番組は百害あって一利なしということなのだろう。

こうして何が争点なのか印象が薄いまま投票日を迎える。天気が悪かったり、逆に行楽日和だったりすると、「ま、投票に行かなくてもいいか」ということになる。「おれ一人投票してもしなくても大勢に変わりはないだろうし。」こうして投票率は低調となる。いっそのこと投票率が50%を切ったら選挙やり直しとかに法律を変えてみたらいいのにと思ってしまう。

結局、選挙権があることのありがたみを切実に感じられないということなのだろう。選挙権を持っていることがあたり前で、それを奪われたり与えられていなかったりという経験がないから、さほど大事なことにも思われない。もしかすると、選挙権などない方が毎回投票に行かなくて済むからラクチンでいいと考える人さえいるのかもしれない。

毎日同じように続いていく平凡な日常は、自分一人が投票しようがしまいが変わらない。選挙結果はいつも予想された通りで面白みがない。それより明日の仕事や遊びのほうが重要だ。おそらく、そう思う人が一定数以上いるのだろう。それもまたやむを得ない。

だが、簡易真空装置の中に空気が戻り、急にけたたましい目覚まし時計の音が聞こえてきたとき、それでも聞こえないふりを続けてゆくのだろうか。あるいは見たくないもの、聞きたくないものは、目や耳に入っても、見えず聞こえないものとされてしまうのだろうか。

|

« 蟷螂の斧・その1 | トップページ | コロナ禍の中で・その1 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蟷螂の斧・その1 | トップページ | コロナ禍の中で・その1 »