« あれから二十年以上経つのか | トップページ | かぼちゃの煮物 »

2018年8月24日 (金)

夏休みが明けて

奥州市の中学校は新学期が始まって一週間になる。来月9月に修学旅行というところもいくつかあるので、新人戦や中間試験や実力テストとともに忙しいひと月となるかもしれない。

テストが続いたりさまざまな行事が入ったりすると、どうしても目先のことに注意が向いてしまい、少し長い時間でものごとを考えるということがおろそかになりがちだ。これは大人でもそうだ。なかなか先のことまでは目が届かない。けれども、夏休み明けから9月にかけての時期は、受験に向けて本格的に勉強を進めていく大事な時期だと思う。

これまで部活などで受験勉強に本腰を入れて来なかった人も、この時期からは言い逃れできなくなる。○○があるから、○○が忙しいからという口実が使えなくなるということだ。勉強は、できることならやりたくない。ラクして入試に臨めるならそのほうがいい。定員割れで倍率も低いから、あまり頑張らなくてもなんとかなるでしょ。そんなふうに考えている人もいるかもしれないが、話はそう簡単ではない。

高校入試というのは、あくまで通過点でしかない。大事なのはその先で、高校に入ってからも勉強は続いていくということ。高校を卒業して進学するにしろ、就職するにしろ、それぞれの進路に応じた学力が求められるということ。この先どこまで行っても、勉強せずにすまされる場面はないのだと思ったほうがいいかもしれない。

だから、高校入試の準備をきっかけに勉強の仕方と習慣づくりができた人は、この先勉強しなければならないところでもあまり苦労することはないと思う。けれども、そうでない人は大変なエネルギーを求められるだろう。下地があるところから始めることとゼロから始めることでは、想像する以上の隔たりがある。

なにごとも経験なので、そういった大変な思いをするというのも、意味のあることだとは思う。しかし、いつかどこかの時点で勉強することに向き合わなければならないのであれば、この高校入試の準備をする時期にその基礎を身につけてしまったほうがよいだろう。

|

« あれから二十年以上経つのか | トップページ | かぼちゃの煮物 »

教室の日常から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みが明けて:

« あれから二十年以上経つのか | トップページ | かぼちゃの煮物 »