« あっという間に六月 | トップページ | あれから二十年以上経つのか »

2018年5月30日 (水)

あっという間に六月・続き

しつこくダラダラと続けているといえば、英単語の練習を始めてから二年近くになる。七月の下旬で丸二年だ。なかなか12000語の単語は覚えられない。今の時点でやっと六割弱ぐらいになっているだろうか。おそらく6000語から7000語の間だろうと思う。ベースが4000語程度あったのだから一年で1000語くらいずつしか増えていない。この調子でいくとあと五年か六年はかかることになるなあ。それでやっとアメリカの小学校卒業程度の語彙となるのだから、なんだか脱力する。

ではあるが、しつこく単語練習を続けているおかげで少しは英文を読むのが苦にならなくなってきた。これくらいいいことがないと、単なる苦行になってしまうので、やはり何らかの「ごほうび」があるのはうれしいということだ。目に見えて力がついてきたなという実感があるのとないのとでは、やる気に大きな差がつく。してみると、試験で点数が上がるということは、やはり重要なことなのだ。

何を寝ぼけたことを言うておるのじゃ、「ぼおっと生きてんじゃねえよ!」とNHK総合の土曜朝に放送されている「チコちゃんに叱られる」みたいな喝が入りそうだが、自分が成長しているのだという感触こそが一番の「ごほうび」なのではないか。これは年齢には関係がない。具体的な物やサービスを「ごほうび」にしてもいいのだが、そのようなものは一時的な満足感しか与えない。深いところからくる満足感は、成長の実感によるのではないか。ひとが学ぶことをやめないのは、それがあるからではないのか。

目的や達成感のないものは、徒労感しか生まない。シジフォスのあれである。小さくてもいいから達成したという感触があるといいのだ。トイレ掃除や洗い物の片付けがきらいではないのは、たぶん同じような心の傾向から来ているのかもしれない。すぐに味わえる達成感。目に見えて確認できる成果。こういうものに弱い、というわけだ。

ということで、英単語の練習はこの先も延々と続いていくことになりそうだ。

おまけにもう一つ。このごろハマっているものといえば「数独」。ナンバープレイスである。「数独」というのはどうやら商標らしいが、ネット上のサイトを見ると「数独」「ナンバープレイス」が同じくらい使われている。ご存じの方には無用の説明だが、9☓9のマス目があって縦列・横列・3☓3の9個のブロックの中のどれも1〜9の数字をダブらせずにすべて使うという、ルールはとても単純だが、始めてみるとなかなか奥が深い。

実は以前カミさんがスマホのゲームアプリで「数独」を遊んでいたのをチラッと見て、ふーんと思っていたのだが、実際にやってみると面白い。私はスマホを使っていないので、プリントアウトした紙と鉛筆、消しゴムで遊んでいる。最も原始的な形だが、いつでもどこでもすぐにできるという点ではこれが一番だ。

論理的に考えていくのが早道なのだと思うが、レベルが上がっていくと、そこからさらにひらめきが必要になりそうでしばらくハマりそうだ。これもまた、すぐに味わえる達成感が共通項だろう。

|

« あっという間に六月 | トップページ | あれから二十年以上経つのか »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっという間に六月・続き:

« あっという間に六月 | トップページ | あれから二十年以上経つのか »