« 時事的放談 | トップページ | 時事的放談・その3 »

2017年9月29日 (金)

時事的放談・その2

いやあ、そう来るのか。

何がって、あれですよ。民進党の希望の党への合流。これは予想もしなかった。つまり、民進党の前原氏がそこまで肚をくくるとは考えてもみなかった。参議院や地方議会に民進党議員が存在するので、解党したというわけではないのだろうが、衆院選後はどうするのだろう。

「希望の党」に「希望」は持てない、と前回書いた。基本的には変わらない。しかし、民進党の衆議院議員がいなくなり希望の党に合流することになると、候補者の急ごしらえ感は解消される。ただし、方針や意思決定の不透明さがどうなるのかは分からない。まさかこのまま小池代表とその周辺ですべてを決定していくという非民主的な形を続けるのではないと思うが。

そういった不安要素はあるものの、自公政権に対する対抗軸として野党勢力がある程度結集することになると、政権交代は無理でも自公の過半数獲得を阻止できるかもしれない。この点が、一番大きな期待感を引き出すのではないか。人びとの求めるものが、現状維持ではなく変化であれば、この期待感はあなどれない。

政策の違いをどうすり合わせるのだとか、政権担当能力のある政治勢力となりうるのかとか、わからない部分は多い。ただ、現状が変わるかもしれないと期待する空気がふくらむと、投票率も上がり一気に流れが変わる可能性が出てくるのではないか。少なくとも、今回の衆議院解散の大義のなさやこれまでの政権側の姿勢に不満を感じていた人びとに、錯覚だとしても、光を投げかけるのは確かだろう。たとえ、その「希望」がフェイクでしかなかったとしても、安倍独裁よりはましではないか。

つまり、よく考えてみればどちらもあまり期待はできないが、その中でより我慢できるダメさ加減はどちらかという選択なのだと思えばいい。こちらを選べばそれほどひどいことにはならないかもしれない。博奕じゃないんだからと言われそうだが、どうなるか確証がないものに賭けるしかないのだから、そういう感覚的なものを選択基準にしてもいいのではないだろうか。

|

« 時事的放談 | トップページ | 時事的放談・その3 »

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時事的放談・その2:

« 時事的放談 | トップページ | 時事的放談・その3 »