« 途中経過報告・その2 | トップページ | 合格おめでとう »

2017年2月11日 (土)

途中経過報告・その3

さて、最後に具体的な方法をお伝えしたい。

まず、12000語の英単語をどのようにして選んだか。最初は、以前に作っていた単語ノートがあり、ここに600語ほど覚えるものを見つけた。しかし、1日50語をノルマにすると二週間も経たないうちに無くなってしまう。次に目をつけたのは、ずいぶん昔に買ったまま「積ん読」状態のボキャブラリー読本。雑誌の「タイム」に出てくる語彙を1000語ずつ2冊のシリーズにしたものである。タイムの記事から抜粋が載っているのだが、レーガン政権時代の話題が出ていることから分かるようにもう三十年も昔の、タイムスリップしたような話ばかりだった。しかし、目的は英単語の確保なので、この二冊で四十日分くらいにはなる。

その次をどうしようかと考えた。まず思いついたのは、アルクという出版社から出ているユメタンのシリーズに確か12000語レベルまであったのではなかったかということ。そこでアマゾンなどネット検索をしてみた。そのときに、有志の方が12000語の単語を1000語ずつレベル1からレベル12まで一覧表形式にしてアップしたものを、たまたま見つけた。シンプルだが、単語カード作りにはかえってありがたい。発音記号がついていないのが惜しまれるが、それくらいは自分で調べろよなということで文句は言えない。

レベル1・レベル2は中学英語の単語が多いので、ここの分はほぼスルーして、まずはレベル3から覚えていない単語を拾い出しカードに写していった。レベル5だったかレベル6あたりから、これは1000語まるまる写したほうがいいなと感じ、残りはレベル12まですべて単語カードに写していった。これで先にあげた2600語と合わせてトータルで10000枚ちょっとのカードになった。12000語レベルといってもレベル1・レベル2の単語は飛ばしているので、それくらいの数でおさまったわけだ。単語のだぶりはかなりある。同じ単語を2回か3回カードにしたものもあるのだが、覚えていないのだから、まあいいかである。

あとはひたすらカードをめくる日々である。途中で何度か挫折しかかったが、そしてまた、練習しなかった日の分を翌日合わせて二日分覚えた時もあったが、とにかくカードそのものは10000枚以上の現物が手許にある。まだまだ覚えている途中であるし、忘却率も高いのだが、このあとしつこくダメ押しを続けていけば、うまくするとまる一年で、それがダメでも年末か来年の年明けくらいまでに完全に覚えきることができるのではないかと思っている。

とにかく公言するとよい。生徒にも「何やってるんですか?」と聞かれると、英単語を12000語覚えようと思っているのだよと事あるごとに吹聴し、カードリングに束ねた単語カードも目につくところに置いてある。こうすると適当なところで逃げられない。ひたすら覚えまくるしかないという事である。

|

« 途中経過報告・その2 | トップページ | 合格おめでとう »

言葉・言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486406/69532513

この記事へのトラックバック一覧です: 途中経過報告・その3:

« 途中経過報告・その2 | トップページ | 合格おめでとう »