« 叔父の葬儀が続く | トップページ | 途中経過報告 »

2016年11月30日 (水)

久方ぶりの近代史ネタ

七月下旬から新しい学びに手を出し、近代史の学び直しは中断したままになっている。ときどき思い出したように、以前手に取った松本健一や橋川文三の本をパラパラとめくってみたりするほかは、中公文庫の『日本の歴史』を日課のように数ページ読んでいるだけだ。それでも関心のあることがらというのは妙なもので、忘れてしまっているわけではない。折に触れて一気に核心に迫るような興味を呼び起こすことがある。

『日本の歴史22 大日本帝国の試煉』を読んでいる時もそうだった。かつて存在した、日本の企業の家族主義の淵源が明治末期にあるということを知って仰天してしまった。大雑把な話になるが、日清・日露の戦争を経て日本は資本主義を確立していく。その過程で商品経済の浸透とともに農村共同体が動揺し始める。石川啄木が書いた「時代閉塞の現状」にも、日露戦争後の帝国主義化していく日本の社会に対する個人の不安が反映されていた。それまでの共同体から切り離された個人が、何を拠り所にすればよいのか分からない状態で放り出されている。そういう意識が社会の各層に蔓延していたと思われる。

そこにあるものは『日本の歴史22』によれば、「「臥薪嘗胆」のキャッチフレーズも「富国強兵」のスローガンも雲散霧消し、国民生活を支える国家主義的な価値の秩序が崩壊したとき、日本国民は全体として虚脱状態に陥った。」という、一種のアノミーなのであろう。明治維新の大目標であった「富国強兵」が日露戦争後に達成されてしまうと、もはや何を目指してよいのか明確な目標が無くなってしまった。そうした政治・社会の危機的状況を詔勅の煥発によって乗り切ろうしたのが「戊申詔書」だったが、上下一致や勤倹の教訓だけでは崩れ去ろうとするビジョンを支え切ることはできなかった。

こうして共同体から切り離された個人がぶつかったものが、一つは軍隊であり、もう一つは工場であった。

軍隊では不満や反抗が増大し、集団で脱営するという出来事が頻発する。また、除隊後の兵士が郷里に戻り「兵隊帰り」と呼ばれる粗野な存在として嫌われ者になるなどして、徴兵忌避の一因ともなっていた。

こういった状況を変えるため、田中義一は軍隊の在り方について新しい設計をした。『日本の歴史22』には以下のように述べられている。

軍隊の在り方について新しい設計をしたのは、日露戦争中、参謀として児玉総参謀長を助け、その将来を注目されていた田中義一である。かれは戦後第一師団に配属されると、そこで「良兵即良民」をモットーとし、軍隊教育の改善に着手した。かれの改革は「兵営生活の家庭化」と呼ばれ、「中隊長は厳父であり、中隊下士は慈母である。而して内務班に於ける上等兵は兄であるというように、中隊内の雰囲気を家庭的温情味のあるようにしなければ、真の軍の軍規は涵養できない」という基本方針の上にたっていた。
(『日本の歴史22 大日本帝国の試煉』中公文庫 347頁)

つまり下士の横暴に対する軍隊内の不満を解決し、同時に上官としての威厳を保たせ命令に服従させるための方策として、「親の恩情にこたえて子供が誠心誠意に仕える温情的家族主義」を軍隊に導入したというのである。

その結果はどうだったのか。同じ『日本の歴史22』を引用すると

こうして家族主義は、個人の自覚の目覚めにつれて動揺し、崩壊しようとするとき、愛情を軸として一転回することによって、個人の目覚めを家族共同体のなかに吸収し、家族主義を再編成することに成功したのである。  (同上 348頁)

同様の家族主義は雇用の場へも浸透してくのだが、長くなったので次回に。

|

« 叔父の葬儀が続く | トップページ | 途中経過報告 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486406/68645196

この記事へのトラックバック一覧です: 久方ぶりの近代史ネタ:

« 叔父の葬儀が続く | トップページ | 途中経過報告 »