« 秋日読書雑感・2 | トップページ | 啄木って… »

2015年10月22日 (木)

夕暮れ時

文化祭の準備で遅い時間になってからでないと生徒がやってこない。教室の南側に面した窓際で、読んでいた本から顔を上げるともう街灯がともりはじめている。秋の日は釣瓶落しだなと思いながら西の空に視線を向ける。爪痕のような細い薄い三日月がかかっている。その下の空はブルーブラックのインクを水に落としたような色合いから山際の茜色まできれいなグラデーションになっている。山は青みがかった灰色だ。あまりの見事な景色にしばらく見とれてしまった。

その爪痕のような薄い三日月も、この数日のうちに半月に変わってしまった。相変わらず紙のように薄い色合いの月だ。夜が更けてから見るクリーム色の月ではない。生徒も相変わらず遅い時間にしかやってこない。下の通りを車や人々が通り過ぎていく。けれども、しんとして音がない。あらゆる物音が死に絶えてしまったように錯覚する。その無音の通りの向こうに、濃さを増していく山並みの灰色と山際の夕映えの茜色が、圧倒的な美しさで広がっている。

ひとの世の何事にもかかわりなく、かつても、これからも、この秋の夕暮れは同じように美しく過ぎていくのだろうなと思う。人の生の何という短さか。八十年、九十年生きたとしても自然の時間の長さにはくらべようがない。でもね、それだから皆じたばたと動きまわるのではないですか。たかだか生きて八十年。昔は人生五十年と言われていたのだ。生きているうちに、あれもこれも思いっきりやってみたいことをやってみなければ。

ため息が出るほど完璧な自然の美しさの前で、ぼんやりとそんなことを考えた。

|

« 秋日読書雑感・2 | トップページ | 啄木って… »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れ時:

« 秋日読書雑感・2 | トップページ | 啄木って… »