« 見えないもの聞こえないもの | トップページ | 誤解されるかもしれないが…・その1 »

2013年9月 4日 (水)

多面的

10円玉を描いて下さい。そう言われたら、どう描くだろうか。たいていの人は、丸を描いて数字で10と入れたり、ちょっと絵心のある人は平等院鳳凰堂を描いたりするのではないだろうか。

ほとんどの人が、おそらくは円形で表すと思う。もし、それを細長い長方形で描かれたらどうだろう。はい、これが10円玉です。そう言われても、たぶん、えっ何でこれが10円玉なの?と思うはずだ。細長い長方形なんてありえないだろう。

ところが、自動販売機の硬貨投入口をイメージしてみてほしい。細長い長方形の投入口に、硬貨を横にして入れているはずだ。つまり10円玉も、正面から見れば円形だけれども、横にしてみれば細い長方形にしかならない。

実は、ものごとは概ねこのように、見方が変わればまったく違ったものに見えるのではないか。10円玉のような、あまり見る角度の多くないものでさえ、円形と細長い長方形というかけ離れたイメージがある。まして人間や社会の見方は、見る人によってさまざまということになっても、何ら不思議はない。

数学者で大道芸人のピーター・フランクルさんが出ていたCMを覚えているだろうか。ずいぶん昔のCMだが、確か「人間は多面体である」というメッセージが流れるものだった。

よく知っているつもりの人でも、自分が知っているのは、その人のほんの一面にしか過ぎない。だから、ちょっとでも知り合いの人が、大きな事件を起こしたり、あるいはものすごい業績を残したりすると、大概の人はびっくりする。ふだんはおとなしくて、あいさつもする礼儀正しい人なんですけど、あの人がそんなことをしでかしたんですか?とか、えっ、あの人がそんなすごい賞をもらったんですか…、ごくふつうのおじさんですよ、私の知る限りでは。みたいな反応となるのだろう。

けれども、自分自身のことを振り返ってみてもそうなのだが、つくづく人間はよく分からない生き物だと思う。昨日思っていたことと正反対の行動を、何の疑問もなくしていたり、日頃口にしていることといざというときの行動が一致していなかったり、まことにもっていい加減である。それほど自分のことでさえ、よく分からない。これが他の人のことになったら、分からなくて当たり前である。分かると思っているのは傲慢か怠慢でしかないのかもしれない。

氷山の海面上に見える部分は、10%に過ぎず90%は見えない海面下にあるのだそうだ。だから、海面上に出ている形から水面下の形状を推測するのは困難だという。宇宙全体の物質エネルギーのうち、74%がダークエネルギー(暗黒エネルギー)、22%がダークマター(暗黒物質)、わずか4%がわれわれの見知ることのできる水素やヘリウムなどの物質なのだという。

ちょっと見方を変えると、まったく別のものに見えたり、よく知っていると思っていた人や物が実はまったく知らない部分を持っているのだと、心のどこかに留めておくことは大事なことかもしれない。少なくとも、そうすることで、謙虚に虚心にものごとに接することができるのではないだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 見えないもの聞こえないもの | トップページ | 誤解されるかもしれないが…・その1 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

小林先生

雨の多い9月です。
多方面からモノを見る。
これは大切なことだと思います。

しかし人は「思い込み・先入観」がはたらいて
単一方向だけになりがちです。
今日の私への朝礼訓話をありがとうございます。


【学び舎主人】
上野先生、コメントありがとうございます。
岐阜の方は、まだ残暑が厳しいのでしょうね。

「朝礼訓話」などと言われると恥ずかしくなります。適当な思いつきを書いているだけですから、話半分に受け止めていただいた方がいいかもしれません。

それより、2日の上野先生のブログにあった「満月は必ず欠ける」という話の方が、ぐっとしみ込みました。「不変の気持ち・行動」を貫き通すのは、難しいことですが、やはり大事なことですね。

投稿: 上野義行 | 2013年9月 4日 (水) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486406/53111062

この記事へのトラックバック一覧です: 多面的:

« 見えないもの聞こえないもの | トップページ | 誤解されるかもしれないが…・その1 »