« 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読む・その8 | トップページ | マニング氏に禁固35年 »

2013年8月25日 (日)

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読む・その9(終)

村上春樹の長編小説の中で好きなものはどれですか、と訊ねられたら、たぶん一番に挙げるのはこの作品かもしれない。二番目は『海辺のカフカ』で、その次が『ねじまき鳥クロニクル』となるだろうか。

人によっては『ノルウェイの森』が一番だとか、いやいややはり『1Q84』でしょ、ということになるかもしれない。皆、それぞれの好みがあると思う。それはそれでいいと思うのだが、何と言っても私はこの作品が好きだ。

この作品は初期の長編であるだけに、技巧的な面から見れば、ポイントが低くなる要素もあるのかもしれない。けれども「ハードボイルド・ワンダーランド」と「世界の終り」という二つの世界が、弛緩することなく一定の強度を維持しながら展開していく様子は、読んでいて実に心地よい。

美しく結晶した物語がそこにはある。その物語には、読み終えてもうまく説明しきれない「何か」が残る。村上春樹の長編小説にはどれもそういう特徴があると思うのだが、この小説は特にその感じが強い。だから、本当はあと二回か三回読み直してみるといいのかもしれない。何度読み返しても、その都度発見するものがあるような気がする。

そして、この作品には後の村上作品を読み解く際のヒントとなるような記述がいたるところに散らばっている。二つの世界を交互に描きながら物語を駆動していくその手法も、非現実的なできごとのリアルな描写も、この作品が出発点になっているのではないか。

自分がなぜこの作品にこれほど引きつけられるのか。ここまで書いてきながら、やはりうまく説明できない。「僕」と「鼠」の初期三部作に引きつけられるのは、ぼんやりとながら分かる。「青年期」を過ぎてしまうことへの漠然とした「喪失感」に共鳴するものがあるからだ。では、この小説の何に自分は共鳴しているのか。長々と書いてきながら、はっきりと分からない。だから、いずれまた読み返してみなければならない。そのときに何か分かれば、あらためてまとめてみようと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読む・その8 | トップページ | マニング氏に禁固35年 »

村上春樹を読む」カテゴリの記事

コメント

『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』のシリーズをずっと読まさせていただきました。いろんな刺激をもらいました。ありがとうございます。
僕はこの作品は1度読んだだけで、漠然とした感想を持ち得ただけでしたが、また読んでみたくなりました。
この作品の2面性は、村上春樹自身が迷い込んだ深層の乖離かとも思いましたが、小林先生の文章を読んでいて、また謎が深まった気がします。
村上春樹の飄々とした風貌とは裏腹に、彼の抱える闇はかなり深淵であり、その深淵に降り立って行く叡智は、凡人の想像を超えていますね。


【学び舎主人】
コメントいただき、ありがとうございます。

「その3」までは数ヶ月前に書いていたのですが、続きを書くことができないまま放置しておりました。先日『1Q84』を読み終えたときに、勢いで、『世界の終り…』についての感想も残りを書いてしまいました。

以前からこの作品は好きでしたので、あらためて読み返しても面白く感じました。ただ、全体が何の隠喩になっているのだろうと考え出すと、やはりよく分かりません。何度も繰り返し楽しめる、これも村上作品の魅力の一つなのではないでしょうか。

投稿: かねごん | 2013年8月25日 (日) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読む・その9(終):

« 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読む・その8 | トップページ | マニング氏に禁固35年 »