« 投票に行こう | トップページ | ボート・マッチ2012 »

2012年12月11日 (火)

桜庭一樹『製鉄天使』を読む

文庫化された桜庭一樹の『製鉄天使』(創元社推理文庫)を読んだ。以前取り上げた『赤朽葉家の伝説』第二部の主人公、赤朽葉毛毬(あかくちば・けまり)のレディース時代だけを独立させた作品である。

地名も登場人物名も新しい設定となり、レディースの暴走族「製鉄天使(あいあんエンジェル)」の結成から中国地方制覇までの道のりが、テンポよく展開する。『赤朽葉家の伝説』の第二部を読んだときにも少し感じたことだが、この作品は、おそらく明快に評価が分かれるのではないかと思われる。

まず少女漫画のような全編のトーンに、何だこりゃと思う人がいるだろう。『赤朽葉家の伝説』第二部で、少女漫画家となった毛毬の描いた「製鉄天使」というコミックのノベライズがこの作品なのだと思えば、全体の漫画みたいなトーンも違和感はない。しかし、この作品で初めて桜庭一樹に出会った人は、こういう作品を書く人なのかと誤解してしまうかもしれない。

『赤朽葉家の伝説』第二部では、毛毬の物語はリアリズムの枠内に収まっている。決して第一部や第三部とのバランスを崩すような描かれ方はしていなかった。それがこの『製鉄天使』では、少女漫画的であるだけでなく、非現実的描写がごく当たり前のように並んでいる。

たとえば、主人公である赤緑豆製鉄の令嬢にしてレディース暴走族「製鉄天使」の総長、赤緑豆小豆(あかみどりまめ・あずき)の能力について。彼女は鉄を自在に操ることができる。彼女の乗る赤いタンクのバイクは、忠実な番犬のように彼女の意志に応じてひとりでに動く。人が乗っていなくてもエンジンがかかり、すぐそばまでやってくる。また主人公の小豆が扱う鉄の武器の数々も同様である。鉄パイプは自在に形を変え、あるときは彼女がぶらさがれるように空中に鉄棒のように静止したりする。

虚構世界であるとはいっても、この手の非現実感がきらいな人は、これらの描写に抵抗感を覚えるであろう。筒井康隆の『虚構船団』みたいな文房具が登場人物である話にくらべれば、これくらいの非現実感などかわいらしいものであるのだが。

つまり、この『製鉄天使』は徹頭徹尾、少女漫画チックな虚構世界を意図的に選択した作品なのである。十三歳の少女たちが結成した暴走族という時点で、すでに非現実感たっぷりである。

しかし、にもかかわらず最後までぐいぐい読ませてしまうこの疾走感は一体何なのだろう。おそらくそれは、この作品がライトノベルのような、あるいは少女漫画のような体裁をとりながら、実際は一つのメルヘンとなっているからではないか。

少女漫画がきらいではない方、非現実的描写に抵抗感のない方、そして何より暴走族の話に眉をひそめない方は、一読されることをお勧めする。

そうでない方は、まず『赤朽葉家の伝説』を読まれた方がいいかもしれない。こちらは誰が読んでもずっしりと手応えを感じる傑作だと思うので。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 投票に行こう | トップページ | ボート・マッチ2012 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜庭一樹『製鉄天使』を読む:

« 投票に行こう | トップページ | ボート・マッチ2012 »