« 『羊をめぐる冒険』を読む・10(終) | トップページ | 無音の風景 »

2012年9月20日 (木)

去る者は日々に

去る者は日々にうとし、と言うけれど、東日本大震災から一年半も過ぎてしまうと、既に過去の出来事という感触が強くなっている。復興の道筋はどうなっているのか。震災のがれきはどのように処理されるのか。津波に破壊された町をどのように再生していくのか。

残念ながら何も明確に見えてこない。たとえば仮設住宅から次の段階へそろそろ進まなければならないはずだが、どういう状況にあるのかよく分からない。産業の再生についてもそうだ。

同じことは福島第一原発についても言える。4号機の使用済核燃料プールがどうなるのかよく分からない状況である。それに加えて1号機から3号機のメルトダウンした核燃料のことなど、もう誰も気にしていないのは何故だ。安定しているのかどうかすら分からないのに収束宣言などが早々と出されたものだから、多くの人が福島の原子炉の現状を考えることをやめてしまった。

ちょっと考えてみれば、私たちがとんでもない状況に置かれていることに気がつくはずである。チェルノブイリの事故はたった1基の原子炉が起こした事故だった。福島は3基がメルトダウンを起こし、運転停止中の1基が使用済核燃料プールという爆弾を抱えている。これ以上悪い状況があるのだろうか。

しかもこの先、真の収束まで何十年かかるか分からないのに、汚染された土地に人々を住まわせ続けようとする。除染どうのこうのの問題ではない。福島第一の現状は決して安定したものではないのに、その危険な土地に近い所へ人々をとどめておこうとするのは何故なのだろう。

東日本大震災以来、ずっと頭の片隅から消えない言葉がある。「棄民」。福島の人々も東日本沿岸の津波被害を受けた人々も、みな見捨てられていくのではないか。

放射性物質が広く降下し、放射性セシウム137によって汚染された広大な面積を除染するのは現実的に不可能だろう。特に山林に降下した放射性物質を取り除くのは無理だろう。低線量被曝が避けられない状況にあるのだが、そのことについて公的な機関からは何もアナウンスがなされない。低線量であれば健康に害が出てこないという見方を公式見解にしているからなのか。

いずれにしても、非日常も日常化してしまえば、何も感じなくなる。何も考えなくなる。福島の原発事故はまだ収束などしていないのだし、津波の被害を受けた東日本沿岸の復興はまだまだこれからなのだということを、改めて意識しなければならない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 『羊をめぐる冒険』を読む・10(終) | トップページ | 無音の風景 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去る者は日々に:

« 『羊をめぐる冒険』を読む・10(終) | トップページ | 無音の風景 »