« コミュニケーション能力 | トップページ | つかこうへい追悼 »

2010年7月11日 (日)

今日は投票日

今日は参院選の投票日だった。午後に近くの投票所に行ってみると、同じ町内の民生委員さんと行政区長さんが立会人の席に座っている。軽くあいさつして投票を済ませた。

毎回思うことだが、ここで一票を投じても本当に国政に影響をあたえられるのだろうかという気持ちになる。それくらい、なんとも頼りない参政権という感じがする。しかし、この実感のなさとは裏腹に、あちこちで投じられた一票一票が雨の一滴のように集まって大きな流れをつくり出す。

開票が始まってまだ一時間も経過していないが、テレビの速報では政権与党が参議院で過半数を割るのではないかと予想している。選挙結果次第では、新たな連立などが話題に上るのかもしれない。

民主党政権が誕生してからまだ一年も経っていない。政権のハンドリングに不慣れだったのは大目に見なければならないところもあるのだろうが、その一方で、大目に見ているほどの余裕が今の日本に無いのではないかという感じもする。難題の山積した現状は待ったなしで、新政権であっても不慣れだからと言い訳できない。去年の総選挙で民主党に示された期待が過剰だった分だけ、その後のドタバタに対する失望感が今回現れたということではないか。

だが、こういう揺れ動きはいいことだと思う。有権者が投票行動を通じて政治家をコントロールするという実感が選挙のたびに感じられれば、最初に書いたような一票の頼りなさみたいなものは自然に解消されていくと思うからだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« コミュニケーション能力 | トップページ | つかこうへい追悼 »

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は投票日:

« コミュニケーション能力 | トップページ | つかこうへい追悼 »