« 最近マンガを読んでないなあ… | トップページ | 井戸 »

2010年7月14日 (水)

なるほどなあ

先日の参院選は民主党が議席を減らし、みんなの党が躍進したが、選挙期間に入る直前あたりから自民党も民主党も「消費税を10%に引き上げ」と言い始めた。なぜ、この時期に消費税増税論議なのだろう。不思議でしょうがなかった。特に民主党の菅政権は、選挙直前のタイミングで増税なんか言い出して不利になるという意識がないのだろうかと思っていた。

昨日、講談社の「現代ビジネス 」が、USTREAMで田原総一朗氏と長谷川幸洋氏の対談をライブ配信していて、その中の長谷川氏の話が興味深かった。長谷川幸洋氏は東京新聞・中日新聞の論説委員で、さまざまなメディアでの発言が面白いなあと以前から思っていた。この田原氏との対談の中でも、今回の消費税増税論議の裏側を解説している。

長谷川氏によると、今回の消費税論議は財務省が「外堀」を埋めて、菅首相を説き伏せたのだという。「外堀」とは、経団連とマスコミのことで、まず財務省は経団連に消費税増税の意義を説いて同意を取りつけ、次に新聞・テレビのマスコミ各社に振っていくという周到な準備がなされているという。新聞・テレビが消費税増税やむなしという論調に傾き、ギリシアのようにならないためにも財政赤字を減らさなければならないという風潮が「常識」のように広がっていった。

東京新聞の社説で、長谷川氏は今回の消費税増税に反対したが、それは増税そのものに反対だからではなく、政権がまず「身を切る」姿勢を示しておらず国民の信頼を勝ち得ないからだという。消費税を上げる前に国会議員の定数を削減するとか、官僚の天下りを容認しないという実績を上げない限り、政治家が国民をなめているとしか思えない。長谷川氏はこのように述べる。消費税の増税はいずれ避けられない論議であるが、そのためには国民の合意を得られるだけの政権でなければ、増税は実現できないというわけである。

税率に関しても驚くべき話が出てくる。実は内閣府と財務省の下ごしらえでは10%ではなく、15%だったという。自民党から10%と先に出されたので、菅首相も10%で出してきたというのが実際のようだ。

この他にもいろいろと興味深い話が出てくる。景気の問題に関しても鋭い洞察が示されている。1時間ほどの対談であるが、テレビのニュース解説を聞くよりもはるかに面白いのではないかと思う。関心のある方はこちら でごらんになってはいかがだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 最近マンガを読んでないなあ… | トップページ | 井戸 »

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なるほどなあ:

» 写真点描・札幌花物語 11 [つき指の読書日記by大月清司]
 前回の大きな樹は「ハルニエ」という名です。北海道ではよく見られますね。バスツアーなど市内観光からは、この北大植物園ははずれていますので、このような静寂を維持できるんで... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 16時32分

« 最近マンガを読んでないなあ… | トップページ | 井戸 »