« NSPを初めて聴いた日 | トップページ | 上方落語の楽しみ »

2010年5月14日 (金)

トイレ掃除のこと

とよ爺先生 のブログ(こちら) にも載っていたが、上野先生 のトイレ掃除は徹底している。先日上野先生ご自身のブログ(こちら) に写真が載っていたので、なるほどなあと感心してしまった。

上野先生は素手でタワシを手にトイレ掃除をされているのである。これはすごい。と思う一方で、その気持ちはよく分かるような気がした。私も教室に入って真っ先にするのはトイレ掃除であるが、面倒だとかイヤだとか思ったことがない。さすがに素手でタワシではなく、柄のついたスポンジを使っているが、ゴム手袋はつけない。これはゴム手袋をいちいちするのが面倒だからである。

毎日最初にする仕事なので、好きも嫌いもない。毎日のことだからそういう感情とは無縁のものになってしまっている。便器は雑巾で拭くが、これも素手である。いつも掃除していると素手で触れてもまったく気にならない。あまり汚れ自体が多くないので拭き取る部分は少ないけれども、きれいに拭き上げると気持ちがよい。

きっと上野先生には同感していただけるのではないかと思うのだが、いつも自分がきれいにしている便器に対して汚いものという感じをまったく持たなくなった。要するに何事も「慣れる」ということかもしれない。先入観や固定観念を捨てて、実際に毎日トイレ掃除を続けてみると、そこから得るものは大きいような気がする。

実はトイレ掃除を始めるにはきっかけがあった。北野武氏の『全思考』(幻冬舎)という本にこんなことが書いてあった。

 トイレ掃除は、俺の変な癖だ。
 他の部分は特に潔癖性というほどじゃないが、便所の汚いのだけはどうにも耐えられなくて、自分の家だろうが、外の店だろうが掃除してしまう。
 これもやっぱり母親の教育のせいだ。
「汚い場所は、いつも綺麗にしときなさい。不浄なものはいちばん気をつかわなきゃいけないんだから。綺麗なものは汚してもいい。だけど、汚いものは汚しちゃいけない」
 口を酸っぱくしてそう言っていた母親の声が、耳にこびりついている。
 (北野武『全思考』幻冬舎、124頁参照)

この一節を読んだときに大きな衝撃を受けた。「綺麗なものは汚してもいい。だけど、汚いものは汚しちゃいけない」という北野氏のお母さんの言葉には重みがある。綺麗なものは汚れたことがすぐに分かるけれど、汚いものは汚れていることに気がつかないままでいたりする、ということなのだと解釈したが、もっと深い意味もくみ取れそうな気がする。ちなみに北野氏は、実際に、飲みに行った店でもトイレが汚いと掃除道具を探し出して自ら掃除するそうである。

おそらく上野先生にうちの教室のトイレを採点してもらうと、「うーん、五十点ですねえ」と言われるかもしれない。それは床の部分がしっかり綺麗になっていないからである。ここは時間ができたら、それこそタワシを買ってきてゴシゴシやろうと思いながら放置したままの箇所である。時間ができているのにグズグズしてなかなかやらないので、足許の黒ずんだ汚れを見ると、内心忸怩たるものがある。

近々床のタワシ掛けをしてピカピカになったら、写真をアップしようかと考えている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« NSPを初めて聴いた日 | トップページ | 上方落語の楽しみ »

教室の日常から」カテゴリの記事

コメント

小林先生、こんばんは。

トイレ掃除は自分の心を真っ白にしてくれます。
見えないところを綺麗にしようとする心が
今の自分にできることを考えさせてくれます。

私も北野武さん、和田アキ子さんから
学んだことがあります。
便座のふたは必ず降ろしておくこと。
「運が逃げる」とのことだそうです。

イエローハットの鍵山社長の朝の掃除体験に
参加させていただいたこともあります。
トイレ掃除、本当に奥深いものがあります。

小林先生のブログに私のことを書いていただき
ありがとうございました。


【学び舎主人】
上野先生、コメントありがとうございます。
イエローハットの社長さんのトイレ掃除は有名ですね。

「便座のふたは必ず降ろしておくこと。
「運が逃げる」とのことだそうです。」

これには驚きました。実は個人的に便座のふたは閉めておく方が好きなのですが、生徒の中には開けたままにしてトイレを出てくる者が何人かおり、ときどきトイレに閉めに行くことがあるからです。開けたままの状態は「美的」ではないと感じるので、これまでそうしてきたのですが、これからは自信を持ってふたを閉めることにします。

いい話を聞かせていただき、ありがとうございます。

投稿: 上野義行 | 2010年5月15日 (土) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トイレ掃除のこと:

« NSPを初めて聴いた日 | トップページ | 上方落語の楽しみ »