« 『壬生義士伝(上)』浅田次郎(文春文庫) | トップページ | 肺胞の気体交換 »

2010年5月 5日 (水)

一気に初夏のような…

四月はずいぶん寒かった。「春」になったという実感がないまま寒い冬の延長みたいな毎日だった。それが五月に入り、急に暑くなった。これだけ変化が急だと身体の方が追いつかない。

暖房が要らなくなったのに、つい先日まで寒かったため炬燵やストーブを片付けてホントに大丈夫だろうかと思ってしまう。しかし、この先当分寒い日は無いようだから、ゴールデンウィークの終了とともに暖房器具も片付けた方がいいのかもしれない。

春がなくていきなり初夏というのはどうもきつい。睡眠もそうだし、体調も今ひとつ変な感じだ。暖かくなって腰痛は消えたのだが、その代わり肩の凝りがひどい。この数年は肩凝りで苦しいという感覚を味わったことがなかったのだが、久しぶりに頑固な肩凝りにやられている。

いずれにしてもあまり急激な気候の変化は身体によくないような感じがする。じわじわと時間をかけて適応することができていないということから来るのだろうか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 『壬生義士伝(上)』浅田次郎(文春文庫) | トップページ | 肺胞の気体交換 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、先日待ちに待った集まりでかねごん先生にお会いす
ることが出来ました。
加えて何度も小林先生の話になりました。
くしゃみとかは出ませんでしたか? もっともその都度くしゃみが
出ていたのではぜんそくになってしまう勢いでしたが…。

かねごん先生のお話を聞いて、先生にお会いしたいという気持ち
が大きくなりました。
さぞお話しできればいろいろと勉強させていただくことが出来る
のになあと思いました。
お会いできる日を楽しみに精進いたしますので、今後ともよろしく
お願いいたします。


【学び舎主人】
今回の集まりには残念ながら出席できませんでしたが、みなさんのブログで雰囲気を味わわせていただいております。

これも縁のものだと思っておりますので、縁があればお目にかかれるものと思います。あまり買いかぶられると恐縮してしまいますが、いつかお会いできることを願っております。

投稿: とよ爺 | 2010年5月 6日 (木) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一気に初夏のような…:

« 『壬生義士伝(上)』浅田次郎(文春文庫) | トップページ | 肺胞の気体交換 »