« 掛取万歳 | トップページ | 大鳥井山遺跡の記事 »

2010年3月 2日 (火)

確実なものの積み重ね

あたりまえの話だが、「現在」は今この現在に突然できあがったものではない。一つ一つ積み重ねてきたものがあって現在となっている。

地層がつくられていく時と同じように、日々の小さな一つ一つの行動が積もり重なると厚みになる。それが押し固められ地層のごとき成果となって目に見える形となる。逆もまた言える。やってこなかった、あるいはきちんと努力しなかった時には、それに応じた層にしかならない。

公立高校の入試まであと一週間となった。ここまできたら焦ってみても始まらない。しっかり積み重ねる時期はとうに過ぎてしまっている。あとはどれだけ普段通りの力を出せるかだ。

いつもこの時期になると、ちゃんと普段の力を出せるように生徒を指導してきただろうかと自問しないではいられない。その都度、ああもできたのではないか、こうもできたのではないかと内心忸怩たる所がある。過ぎてしまった時間は取り戻せないと分かっているものの、完全に満足のいく指導をしたと思える年がほとんどない。自分ではそれなりにやったつもりでいるが、「完全に」満足がいくという仕事ではないなとも思う。それでまた次の年度へ積み残しの課題が出来てしまう。

毎年同じようなことをくり返しているような気もする。果たして前進しているのか後退しているのか。時に分からなくなる。だが、やってきたことの結果からまた始めるしかない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 掛取万歳 | トップページ | 大鳥井山遺跡の記事 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確実なものの積み重ね:

» 静岡県高校受験ブログ [静岡県高校受験ブログ]
公立・私立高校の情報が満載です! [続きを読む]

受信: 2010年3月 3日 (水) 02時31分

« 掛取万歳 | トップページ | 大鳥井山遺跡の記事 »