« ジャズを聴く楽しみ | トップページ | 釣りはしないのだが… »

2009年11月19日 (木)

一人ではない

岩手の小さな塾屋を自分で切り盛りするようになってから、やっと三年が過ぎた。塾の仕事をするようになってからは四半世紀が経っている。勤め人の塾講師としての時代が長かった。

勤め人だった頃には分からなかったことで分かるようになったこともある。逆に考えなくてよかったことを考えなければならなくもなった。個人塾だから自分の裁量でどうにでもなる自由があり、その代わり結果も自分で引き受けるのだからあれこれと迷うことや考え込むこともある。勤め人の頃であれば気軽に同僚の講師や先輩に相談し、アドバイスを受けたりハッパをかけてもらったりできた。しかし、小なりといえども一国一城の主になると、おいそれと相談できなくなってしまう。

この経済情勢の中、どの業界もきびしい競争から逃れられないのが実情だろう。ここ岩手も事情は同じである。競争していかなければならないという現実の波が押し寄せてきたとき、ふとひるんでしまいそうになる自分の背中を誰かの目を借りて押してやろうと思い、大験セミナーの金田先生 とブログを通じておつきあいいただいている神奈川のとよ爺先生 に話を聞いていただいた。

三日、三月、三年と節目節目を通過したばかりだがこれから本気でがんばらないといけないと思っていた。アドバイスをいただこうというより、がんばりますので見ていて下さいと宣言することで自分を前に進めようと思っただけだったのだが、お二人からブログの記事(金田先生の「文は人なり」ととよ爺先生の「続・文は人なり」 )にまでしていただき、言葉では表せないくらいうれしかった。本当にありがとうございます。

孤立無援かと自嘲していたのだが、激励の言葉をかけてくださる人が自分にもいるのだと思うだけで、前進しようとする気持ちが一層強くなるものなのだとしみじみわかった。誰かの気持ちに寄り添うこと、一人ではないと伝えること、子どもたちにも同じように一人ではないのだということをつかんでほしいと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« ジャズを聴く楽しみ | トップページ | 釣りはしないのだが… »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

僕こそ小林先生にどれほど助けてもらったか計り知れません。今後とも同じ塾仲間として、親友として頑張って行きましょう。
There is a will, there is a way!


【学び舎主人】
ありがとうございます。
これから冬期講習の時期に向かいますが、忙しくなると思いますので体調に気をつけてお過ごしください。こちらもいろいろとできることをやっていこうと考えています。今後ともよろしくお願いします。

投稿: かねごん | 2009年11月19日 (木) 13時21分

こんばんは、まだまだ私たちはバリバリの現役。
頑張って行きましょう。

私も同世代の塾屋の人たちが頑張っていると思い、気分を一新
して頑張ります。


【学び舎主人】
とよ爺先生、ありがとうございます。
おっしゃる通り、まだまだ現役でがんばらなければと思っております。

これから暮れに向かいお忙しい毎日かと思います。体調に気をつけてお過ごしください。

投稿: とよ爺 | 2009年11月20日 (金) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人ではない:

» お気に入りの言葉 [今日という日が、これ以上ない最高の日となるために]
全ての現実は夢から始まる!過去を悔やむより今を確かめていたい!生きるとは呼吸をすることではない、行動することである! [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 21時23分

« ジャズを聴く楽しみ | トップページ | 釣りはしないのだが… »