« 釣りはしないのだが…・その2 | トップページ | 冬が近い »

2009年11月22日 (日)

今日は地域の感謝祭でした

毎年11月になると、地域の感謝祭がある。田園地帯なので農家の収穫が終わったあとの収穫感謝祭が元々の始まりなのだが、農家以外の世帯も増えてきたので「収穫」をはずしてただの「感謝祭」となっている。

去年までは自治会長だったので、感謝祭が近くなると年内最後の地域の飲み会になるなあと思ったものだった。今年は地域の役職は何もないので気楽に酔っぱらうことができた。

地域の人たちと飲むといろいろとおもしろい話を聞くことができる。今年の感謝祭では隣が昔杜氏をしていたおじいさんで、日本酒の造り方をレクチャーしてもらった。その方は昔ながらの酒の造り方も、現代の酒の造り方も両方経験しているので酒造りの問題点をよくご存じだ。米麹を作りもろみを作りそれをこして日本酒を造る。難しいのがそのときの温度管理だという。発酵が始まると熱が出てくるわけだが、最適の温度は17度くらいなのだそうだ。そこで、温度が低いときはワラで作ったこもを巻いて上がるようにしてやり、高くなってきたらそれをはずして下がるようにしてやりという具合で、なかなか忙しいのだそうだ。

区長さんの話は地域から集めている区会費の話で、戸数割のはずがこれまではそうではなかったという話になる。うちのところみたいに戸数の少ない自治会ばかりでなく、戸数の多い自治会が区の中にはいくつかある。しかしその戸数の多い自治会が出している区会費が戸数の半分以下となっていて、どう考えても不公平にしか思われないという話だった。実は以前の記事でも書いたように、前の区長さんは20年以上にわたって区長を務め、今年度から新しい区長さんに交代したばかりである。だから、これまでは何の疑問も持たれなかったことが改めて考えるとおかしいのではないかという事柄がたくさん出てきたのだそうだ。

そういう話がいろいろとあった中、ふと思い出して昔の中学校の校舎を覚えてますかと話題を振ってみた。これにはすぐに反応があり、話が盛り上がった。よく覚えている方が多く、ここにはなんとかの教室があり、ここはこうだったと話し始める。大体は記憶していた校舎の配置と同じであった。図面がどこかにあるのではないかという人もいて、復元模型が実現するかもしれない。実は、先日地域の交流センター長と話す機会があったときに、昔の中学校を復元した模型が作れないかと思っているという話をすると、それはおもしろいと乗り気になっていただいたばかりなのだ。うまくいけば実現しそうである。

こんなふうに一つの話題から地域の方々と改めてコミュニケーションがとれるのは、ありがたいことだと思う。田舎であるがゆえに人と人とのつながりを密に保つことが可能なのだ。ときにそれはうとましくなることもある。若いときには特にそう思うだろう。しかし、だんだん年齢を重ねてくると地域の方々と密なつながりのあることがいかにありがたいことか、よく分かるようになってくる。朝会ったときに何気なく「おはようございます」とあいさつできる相手がまわりにいるということは、本当にありがたいことなのだ。

年内はもうこうした飲み会はないが、年が明ければ新年会が開かれる。また一年よろしくお願いしますというあいさつとともに、楽しいお酒を飲むことができるだろうなと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 釣りはしないのだが…・その2 | トップページ | 冬が近い »

立ち話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は地域の感謝祭でした:

« 釣りはしないのだが…・その2 | トップページ | 冬が近い »