« 今日は寒い | トップページ | 落語熱再発 »

2009年11月 3日 (火)

仕事があることのありがたさ

深刻な経済情勢を抜け出したという報道も目にするが、東北地方の雇用状況は厳しい。高校生の就職内定率も昨年同期よりも相当低いようだ。私の住む北上市内の就職希望の高校生で40数%台、北隣の花巻市ではなんと30%弱しか内定していないと先月中旬頃の新聞には載っていた。県内の就職先を希望している高校生が多く、それに応じられる企業がないというのが実状のようだ。高校の進路指導の先生方も県外まで就職先を広げるよう指導しているという話である。

極端に低下した有効求人倍率を目にすると、毎日仕事があることをつくづくありがたいことだと感謝せずにいられない。利益とはさっぱり縁がなく、どうにかこうにか暮らしていける程度の収入しか入ってこないが、それでも毎日教室を開くことができて来てくれる生徒がいるということを当たり前だとはどうしても思うことができない。

努力しなければ続けていけない。それはどこでも、どの仕事でも同じであろう。この時節、努力していない方を見つけるほうが難しいだろうと思う。それでも運に恵まれず仕事がない、あるいは小間切れの雇用にしか収入を得る道がないという方だって大勢いると思う。毎日毎日、当たり前のように教室に来て指導できることにもっと感謝の気持ちを持たなければとつくづく思う。

健康であるということもそうである。定期検診は必ず受けているが、この数年はほとんど何も引っかかることがない。ときどき腰が痛くなったり目がかすんできたりするくらいで、まずまず健康だと言えるだろう。これも当たり前だと思ってしまえばそれまでだが、たいして摂生しているわけでもないのに、病気に縁遠いのはありがたいことである。

何をもって幸せとするかは人によって異なるだろう。しかし、こうやって平凡に日々を過ごせることが、他の何ものにも代え難く幸せなことなのだとしみじみ思う。健康であり、毎日する仕事がある。これだけでも十分なことなのだと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 今日は寒い | トップページ | 落語熱再発 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事があることのありがたさ:

« 今日は寒い | トップページ | 落語熱再発 »