« 『坊っちゃん』を読み返す・その1 | トップページ | 『坊っちゃん』を読み返す・その2 »

2009年8月24日 (月)

有終の美

決勝戦にふさわしい好ゲームだった。

中京大中京が10-2と大きく日本文理を引き離したとき、ああこれで勝負がついたなと思った。途中までテレビで見て、残りはラジオで聞いた。

9回表、日本文理の攻撃を聞いているうちにどんどん点差が縮まり、中京大中京は再登板した堂林君からまた森本君へ投手を交代した。ついに10-9。これは勝負が分からなくなった。同点で延長か逆転勝ち越しという場面もある。

しかし2アウト一、三塁で最後の打者がライナーで倒れ試合終了。劇的な幕切れだった。高校野球は最後まで分からない。準々決勝での花巻東対明豊の逆転試合を思い出す。勝利は紙一重の差でしかないという気がした。敗れた日本文理も優勝した中京大中京も、全力を出しきった。いい試合だったと思う。

中京大中京の堂林君が試合直後のインタビューで、「最後まで投げきることができなくて申し訳ない」と涙していた。エースナンバーの重みを背負っているがゆえのひと言だと思った。最後までマウンドを守りきれなかったという悔しさは残るかもしれないが、これから成長する大きな糧になるのではないだろうか。

今回の大会に、全国で4041校が参加したという。当たり前のことだが、優勝した中京大中京以外は敗れ去った学校だ。しかし、敗れるということは意味のないことなのだろうか。勝つことだけがいいことなのだろうか。

全力を尽くしてもなお、越えることのできなかった壁。そういうものがあったとしたら、次の年度の後輩たちが挑戦していけばいいのではないだろうか。技術が不足していたのなら技術を、メンタル面の弱さがあったのならそれを克服するための方策を、というように具体的な課題がそれぞれに出てくると思う。そのくり返しや連続の中に敗れた先輩たちの思いが生きて積み重なっていけばいいのではないかという気がする。

一丸となり全力を尽くす各チームの姿には、勝っても敗れても大きく心を揺り動かされた。高校野球のよさというものをあらためて感じた大会だった。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 『坊っちゃん』を読み返す・その1 | トップページ | 『坊っちゃん』を読み返す・その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有終の美:

« 『坊っちゃん』を読み返す・その1 | トップページ | 『坊っちゃん』を読み返す・その2 »