« 少年の凶悪犯罪は増えていない | トップページ | 三遊亭圓朝『怪談 牡丹灯籠』 »

2009年7月10日 (金)

江戸的スローライフのすすめ・その12

江戸時代の伝説的彫刻職人に左甚五郎という人がいる。日光東照宮の「眠り猫」などがその作品として有名だが、実在が疑わしいとも言われている。

この左甚五郎の出てくる話は講談などにも多いが、落語でもいくつかある。「竹の水仙」「四つ目屋」「三井の大黒」「ねずみ」などだ。このうち聞いたことがあるのは、後の二つだけだ。どちらの噺も三代目桂三木助が演じたものである。

三代目桂三木助といえば、風景描写の美しさで群を抜いている「芝浜」が有名だ。五代目古今亭志ん生は三木助の「芝浜」にでてくるカミさんじゃ、魚勝こと魚屋の勝五郎が芝の浜で財布を拾ったのが夢だとは思い込めねえと批評したらしい。噺の演出という点ではそうかもしれないが、それでも三代目桂三木助の「芝浜」には完成された美しさがある。大人のための一種のフェアリー・テイルだと思って聞けば、これほどの美しい噺は他にない。

この「芝浜」の印象が強かったため、三木助=人情噺の落語家というイメージが自分の中に出来上がってしまっていた。それを変えてくれたのが、この左甚五郎を主人公にした「三井の大黒」であり「ねずみ」である。

「三井の大黒」は江戸に出てきた左甚五郎が、ひょんなことから江戸の大工の棟梁政五郎の世話になる噺だ。自分が左甚五郎だと名乗る機会を逸してしまった甚五郎は政五郎の弟子が名付けた「ぽんしゅう」というあだ名で呼ばれることになる。ほとんど仕事に出ない甚五郎に、政五郎は彫刻の仕事を手間賃取りにやってみねえかと水を向ける。三井から大黒を作ってくれと頼まれていたのを思い出した甚五郎は大黒を彫ることに集中し始める。大黒が彫り上がり三井の番頭に手紙を出して受け取りに来てもらい、政五郎にも「ぽんしゅう」が実は左甚五郎であったことが知れるという噺だ。この噺の甚五郎はとぼけた味のある爺さんみたいに描かれている。ノンビリとした口調が妙に耳に残る。

「ねずみ」は仙台の宿屋が舞台だ。「鼠屋」という旅籠(はたご)の客引きをしている子どもに興味を持ち、左甚五郎は「鼠屋」に泊まることになる。ところが蒲団もないし飯もなく、足腰の立たなくなった親父と十二の子どもがやっている貧乏旅籠で、話を聞いてみるとその親父は元は向かいにある「虎屋」という旅籠の主だったのが、後添えと番頭に宿屋を乗っ取られて追い出されたのだという。話を聞いた甚五郎は親父と子どものために板きれでネズミを彫ってやる。このネズミが生きているように動き回ると評判になり、「鼠屋」は千客万来となる。それをくやしがった向かいの「虎屋」は、別の彫刻師に虎を彫らせる。その虎ができると「鼠屋」のネズミがぴたっと動かなくなる。「鼠屋」の親父からの手紙で事情を知った左甚五郎が急いで仙台にやって来るという展開になるのだが、サゲは洒落たサゲなので伏せておきたい。

この「ねずみ」は、ずいぶん昔に聞いて印象に残っていた噺である。三代目桂三木助が演じていることも知らなかった。左甚五郎と十二歳の子どものやりとりがとても良くて、印象に残っていた。つい最近、三木助の「ねずみ」を耳にして、あ、あの噺だとすぐに分かった。もしかすると「竹の水仙」も聞いたことがあるかもしれない。ただ、三木助だったかどうかは分からない。「ねずみ」の噺は神業とも言える技量を持った彫刻師の存在が、噺を成り立たせている。古今亭志ん生の「らくだ」の一部にも左甚五郎をとりあげたくすぐりが出てくる。「左甚五郎の作った蛙だから買えって言われて、まるで生きてるみたいだなあと手を伸ばしたらピョンと跳ねた。本物のトノサマガエルを置いてやがった。」という部分だ。

実在したのかどうかの詮索はだれかにまかせるとして、この左甚五郎を主人公にした「三井の大黒」と「ねずみ」は話の内容も面白いが、それを語る三代目桂三木助の声と間と調子がいい。何度聞いても引き込まれる。三木助の人物造型による左甚五郎がそれくらい印象深いということなのだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 少年の凶悪犯罪は増えていない | トップページ | 三遊亭圓朝『怪談 牡丹灯籠』 »

江戸的スローライフのすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸的スローライフのすすめ・その12:

« 少年の凶悪犯罪は増えていない | トップページ | 三遊亭圓朝『怪談 牡丹灯籠』 »