« あなたの夢は? | トップページ | 怒りの話 »

2009年3月26日 (木)

岩隈がMVPでもよかったんじゃ…

WBCは日本の2連覇達成という誰もが願った形で終わることができ、よろこばしい限りだ。最後にイチローがきっちりと仕事をしたのもよかった。

MVPが松坂というのは確かに分かる。だが、先発投手の中で唯一1点台の防御率だったのは岩隈である。岩隈が登板し0-1で敗れた韓国戦は、明らかに打撃陣の責任が大きい。決勝の韓国戦でもしっかり韓国打線を押さえたあの投球はMVPものだと思うのだが。

まあそれはそれとして、今回のWBCを見ていて岩隈っていい投手だなあとあらためて思った。実は息子が楽天イーグルスのファンで、昨シーズンは楽天戦の試合結果をスポーツニュースで見る機会が多かった。岩隈の先発した試合の結果を見ていくうちに、野村監督には申し訳ないが、なぜ楽天のような弱小チームのエースをしているのか分からないくらいすばらしい投手だとすっかりひいきになってしまった。女性ファンの方が多いのかもしれないが、男性から見ても声援を送りたくなるような選手だ。松坂みたいに打者に威圧感を感じさせる投手ではない。どちらかといえば華奢な感じさえする。しかし丁寧な投球と切れ味のいいフォークで打線を押さえていく姿は何度見ても、いい。

こういう言い方は語弊があるかもしれないが、「品がいい」。登板している姿も試合後のインタビューの時も、何か「品の良さ」を感じさせる選手である。スポーツ選手には「品」なんて余計なものじゃないかと考える方も多いかと思う。闘志をむきだしにし、勝った後にどうだとばかりの姿を相手に見せつけるくらいの根性があったほうがいい、という意見もあるだろう。だが、岩隈の場合はスポーツ選手であるかどうかに関係なく感じのいい品性を持っている。城山三郎の小説の題名みたいに「粗にして野だが卑ではない」というのが、スポーツ選手の存在感としてはよいのではないかと思う。「卑である」ように感じさせる選手は、どうもごめんこうむりたい。

と言いつつ、ガラの悪い阪神ファンも嫌いではない。何を隠そう私も阪神ファンの一人。万年Bグループの弱小チームだったダメ虎時代が懐かしいくらい、この数年の阪神は強くなった。オープン戦は6連敗中だが今年もセ・リーグの優勝争いにからんでくることと思われる。弱小チームファンの私としては本格的に楽天に乗り換えようかと思案しているところだ。ところで花巻東の菊池君、東北楽天に入りませんか?すぐに1軍のマウンドに立てますぜ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« あなたの夢は? | トップページ | 怒りの話 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩隈がMVPでもよかったんじゃ…:

« あなたの夢は? | トップページ | 怒りの話 »