« 読書メモ・3月(2009) | トップページ | 春期ゼミ始まる »

2009年3月21日 (土)

ベースボール・キッズ

昨日のWBCの韓国戦をご覧になっただろうか。結果はご存じのように6-2で日本が勝った。

私もテレビで見ていたが来客があり、内川のホームランで同点になったところまで観て一時中断し、7回表の日本の攻撃から続きを観ることになった。7回裏に中継のアナウンサーが打席に立った李机浩(イ・ボムホ)について、「パンチ力があるバッターですからね」と言ったときいやな予感がした。次の瞬間、センターバックスクリーンに飛び込むホームラン。マウンド上の田中は呆然としている。ああ、やっぱり。

しかしそれに続く8回表の日本の攻撃がすばらしかった。青木のセーフティバントでノーアウトのランナーが出てから稲葉、小笠原と続く代打攻勢で一気に得点を重ねていく。終わってみれば6-2という完勝だった。

ただ、イチローの不調だけが気にかかる。我が家ではイチローが打席に立つとブーイングの嵐である。曰く「1位決定戦ならイチローをはずしたって問題ないんだから、はずせばよかったのに」「イチローがストッパーだよなあ」確かにその通りではある。だが、私はそのブーイングの声を聞きながら心の中で思う。「でも、イチローをはずすわけにはいかないだろう」

MLBで毎年200本安打を続けるイチローは並の選手ではない。そのイチローがWBCでは絶不調としか言いようのない成績だ。あのイチローがである。キューバ戦で敗退していたら、マスコミはこぞってイチローバッシングに走ったんだろうなと想像する。自分に対してかけられている期待の大きさはプレッシャーになるのだろうが、その程度のプレッシャーに負けてしまう彼ではないだろう。

本人でなければ分からないものはあるだろうが、WBCでのイチローを見ているとなんだか野球を楽しんでいないような気がしてならない。WBCで楽しむっていう方が無理かもしれないが、一人のベースボール・キッズに戻って楽しんだ方がいいのではないだろうか。浜田省吾の曲に「ベースボール・キッズ」というのがある。その中で歌われているように野球は投げる、打つ、走るというシンプルなゲームなのであり、イチローがアメリカで評価されたのも走攻守のそろった野球選手の原点みたいなものを強く感じさせたからだと思う。準決勝、決勝と本来のイチローの姿が見たいものだと強く願っている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 読書メモ・3月(2009) | トップページ | 春期ゼミ始まる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、いや今晩はですね。タイトルを見て、お!浜田省吾じゃんと思って読んだところ、内容が違ってた?分けではないのですが、私の大好きなイチローの話題でしたね。
前回のWBCには苦い思い出があります。前回の決勝戦の日、私は塾のチラシをちょうど入れてしまったんですね。優勝の興奮の中、十数万円のチラシは誰の目にも留まらず、チラシによる入塾は0人という記録を樹立した年でした。
それ以来春のチラシは一度も入れていません。それだけの話しですが、にが~い思い出です。

(学び舎主人)
なるほど、そんなことがありましたか。
イチローには調子を取り戻してほしいものです。日本が優勝してもイチローが不調のままでは、印籠が出ない水戸黄門みたいなものですからもの足りない気持ちがすると思いますので。

投稿: かねごん | 2009年3月22日 (日) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベースボール・キッズ:

« 読書メモ・3月(2009) | トップページ | 春期ゼミ始まる »