« 弱気の虫 | トップページ | 十五の心 »

2009年3月 5日 (木)

楽しき役員選び・その後

年度末が近づき役員の改選がどの地域でもあることと思われる。以前に書いた役員選び(こちら)のその後をご紹介したい。

前回は行政区区長の推薦の件を主に載せたが、こちらは無事に引き受けていただきまずは一安心。ご苦労をお掛けすることになるので何らかの形で私も協力したいと思っている。役員を引き受けて実際大変なのは地域の人の協力を得られないときだろうと思う。自分一人で処理できることには限りがあるので、前回の教訓ではないが「他力本願」にならざるを得ない。そういうときに地域の人々が「じゃあ、オレも一肌脱ごう」と荷物を背負ってくれる意思を示してくれるだけでも役員の精神的な負担は軽くなるのではないか。

うちの自治会は世帯数の少ない極小規模の自治会であるため、何かの役職を引き受けなければならない場面が多々ある。一人で何役も受け持っていただいている方もいる。「私にはできないから」ということを言い始めると誰も役職を務める人がいなくなってしまうため、自治会長と副自治会長は輪番制で否応なく各世帯に回ってくる。しかし実際は高齢者の単独世帯など務めが難しい場合はその次の番の世帯へと融通もきく。このあたりは小さいだけに杓子定規でない対応がすぐにできる。

三月の上旬も早い時期にすべての役員選びが終了してしまった。しかもその半数以上は「他力本願」である。私も少し動いたけれど、それ以上に他の人が動いてくれてあっさりと決まってしまった。感謝することしきりだ。とくに留任してほしいと思っていた方の説得には前任の自治会長さんが「私からも声を掛けてみるから」と言ってくださり、お任せしていたのだが無事に承諾してもらうことができた。私は動いて下さった方々と承諾して下さった新しい役員のみなさんに頭を下げるだけで、こんなに楽に決まっていいのであろうかというくらいの楽をさせてもらっている。

相身互い、という言い方がある。ものごとはお互いさまなので、世話をしたりされたりという相互関係が地域の人間の中に根付いていると話は決めやすくなるのかもしれない。逆にあの時お世話になったから、あの人から話が来たら協力してやろうという気持ちにもなる。こういう相互関係は悪くないと思う。ちゃんと顔が見える近所づきあいが成り立っているという気がしてくる。

よその地区ではどのようにして役員決めをしているのかよく分からないが、それぞれの規模に合った決め方があるのだろうし、一概にこれが最善だと言われてもうちには当てはまらないというものも多いと思う。ただ、役員を決めていく過程に関しても、地区のいろいろな人が関わって話し合ったり交渉したりして動いた方がおもしろいようだ。

話は変わるが、PTAの役員交代の案内とアンケートが来ていた。中2の学級役員について1.役員を引き受ける 2.誰もいなければ引き受けてもいい 3.引き受けられない(理由を挙げて)という項目が並んでいる。はて、どうするのだろうかと思っていたら家内は1番の「役員を引き受ける(広報委員)」に○をして息子に渡していた。いわく「3年生になって役員を押しつけられたら大変でしょ。だから、いまのうちにやっておかないと」なるほど、計算高い。こういう打算で引き受けるのも「有り」かもしれない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 弱気の虫 | トップページ | 十五の心 »

立ち話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しき役員選び・その後:

« 弱気の虫 | トップページ | 十五の心 »