« ことしは今日がブログの書き始めです | トップページ | 自分を信じる力 »

2009年1月30日 (金)

楽しき役員選び

自治会長の任期もあとふた月ほどで終わります。次期役員の選出は自治会長に一任されていますので、候補の方に打診し、引き受けてもらえるようお願いするという交渉をこの数日間続けております。

今年は行政区の区長をうちの自治会から推挙する番に当たっており、これが年明けから大きな課題でした。任期二年の行政区長は北上市の場合、非常勤特別職の地方公務員という身分で区長設置規則に基づいて報酬も月額いくらときまって出ます。しかし出なければならない会議の数がかなりありますし、学校関係の式典やら地域行事やらの際も来賓としての出席を求められますから、なかなか引き受け手がいなくて困る場合が多いようです。

再任は妨げられておらず、現在の行政区長さんも十期20年の間務めていただいたのですが、年齢と体力面から次期は辞めたいという意向を早くから告げられていました。で、古い輪番制からうちの自治会に回ってきたというわけです。戸数が少ない地区ですので、正直どうしようかと困りました。何らかの役員をすでに引き受けている方が多く、その少ない人材の中から誰を推薦すればいいのかと思っていたところ、案ずるよりなんとかでとんとんと話がうまくまとまりそうです。

大乗神楽の保存会の会長をされているおじいさんが間に入って下さり、最初の候補予定者には辞退されてしまいましたが、次の候補の方にどうやら引き受けてもらえそうな気配となりました。まだ、確定ではないですが日頃から自治会活動でもお世話になっている方ですので、おそらく引き受けてもらえるのではないかとまずは一安心。

物事に偶然はつきものですが、神楽のおじいさんが散歩に出ているところをどこかに用事で行くのだと勘違いした私が車に乗せると区長の推薦の話になりました。実はこれからそのために地区の交流センターに区長の仕事について話を聞きに行くところだと告げると、じゃあオレもいっしょに行こうと話が決まり、そこから先はおじいさんがいろいろ手配してくれてあれよあれよという間に事が進んでしまいました。さすが亀の甲より年の功です。老人パワーはあなどれません。

まだ確定していない役員の選出が三つほどありますが、これはこれでなんとかなるだろうと楽観しております。何といっても一番難しいと思っていた人選が拍子抜けするくらい簡単に決まりましたので、後はもうなんとでもなるような気分です。

さて今回学んだ教訓は
  1 他力本願は大事である
  2 断られたところから物事は始まる 
ということにつきます。

何事によらず自分だけで解決しようと思ってもうまく行かないときは、他の人の力を借りた方が早く解決するものです。また、何事でも二つ返事ですぐにいいですよと引き受けてくれる人の方が奇特なくらいですから、まずは一旦断られるものだろうと思っていた方が交渉するときの気持ちが楽になります。その上で粘ってみることなんでしょうね。ホントに断りたい場合もあるでしょうが、案外うまくいくことも多いみたいです。ゲーム好きな方はRPG(ロールプレイングゲーム)のミッションみたいに考えて交渉すると交渉過程そのものが楽しめると思います。私も経験値が10くらい上がったような気がします、ハハハ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« ことしは今日がブログの書き始めです | トップページ | 自分を信じる力 »

立ち話」カテゴリの記事

コメント

小林先生今晩は。
私の地区も今度の土曜日、区長等の改選の会議があります。
私は仕事で出席できないのですが、欠席裁判にならないことを願っています。
納税組合長、神社総代、中学の部活育成会副会長、地区卓球協会員、今私が仰せつかっている仕事です。
こうなってくると麻薬患者と同じで、やけくその感もなきにしもあらずですが、はっきり言って断る勇気を持ちたいです。
すいません完全に愚痴のコメントになってしまいました。

(学び舎主人)
すごすぎです、金田先生。一体いつ時間を取ってるんですか?私は自治会長の仕事一つだけでもあっぷあっぷでした。
でも、納税組合長とか神社の氏子総代とかって長くお願いされるようですね、どの地域でも。うちの地区の納税組合長さんは私と同じ時期に交替したばかりですが、その前の組合長さんは30年くらいやっていたような話を聞きました。

記事に載せませんでしたが、再任してもらおうかなあと考えていたある役員の方の断り方がスマートでしたのでご紹介します。
「どうしてもどなたもいらっしゃらないということであれば、また私がということを考えてもいいですが、いろいろな方に地域の仕事を経験していただくということも大事だと思いますので、どなたか他の方に声を掛けてみていただけませんか?もしどうしてもいないというときには考えさせて下さい。」
こう言われると「おみごと。参りました。こちらも誰かいないか探してみます。」と言わざるを得ません。ごもっともとしか言いようがないですし、最悪の場合はという留保を残しながらも、こちらに努力してみようという気にさせる一言でした。

投稿: かねごん | 2009年1月30日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しき役員選び:

« ことしは今日がブログの書き始めです | トップページ | 自分を信じる力 »