« 恐るべし、ジャズ・ジャイアンツ2 | トップページ | 車が…、とほほ »

2008年10月29日 (水)

もう読書週間?

ネタに詰まったときの奥の手、「積ん読」リストの秋期版です。興味のある方は春期版「今日は二番煎じです」もご覧ください。

そもそも春の読書リストのほとんどがまだ「積ん読」状態なのに、さらにまた「積ん読」本を増やすのはいかがなものか、と国会の首相答弁のような声が聞こえてきそうです。ま、ま、そう固いことはおっしゃらずに、まずは一席ごゆるりとお付き合い下さい。

春期版同様、「まだ読んでいない本のリストです。これから読んでみようかと思っている本ばかりですので、感想は書けません。本の表紙すら見ていません。タイトルだけで興味を引かれるものがありましたら、あなたもどうですか?」って、以前のブログからコピー&ペイストは楽だなあ。昔は「切り貼り」作業っていったら、本当にハサミで切ってノリで貼ってたんだけど。

 1 「息の発見」、五木寛之・玄侑宗久、平凡社
 2 「モーツァルト = 翼を得た時間」、磯山雅、講談社学術文庫
 3 「早わかり日本史」、河合敦
   「早わかり世界史」、宮崎正勝、ともに日本実業出版社
 4 「話し過ぎない技術」、芦屋広太、マイコミ新書
 5 「涙の数だけ大きくなれる!」、木下晴弘、フォレスト出版
 6 「遠藤周作 --- 挑発する作家」、柘植光彦編、至文堂
 7 「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」1・2・3、武田邦彦、洋泉社
 8 「怖い絵」、中野京子、朝日出版社
 9 「イラク崩壊」、吉岡一、合同出版
10 「中東激変」、脇祐三、日本経済新聞社
11 「奇跡のリンゴ」、石川拓治著・NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」制作班監修、幻冬社
12 「響きあう脳と身体」、甲野善紀・茂木健一郎、バジリコ

1は最近呼吸法にはまっておりますので、よっ待ってましたぁ、五木ひろしじゃなかった五木寛之、という感じです。2はなぜ選んだのか忘れてしまいました。が、モーツァルトの音楽は大好きです。3は歴史オタクとしてはちょっと素通りできないタイトルと、指導に使えるかもという不純な動機から。4はタイトルに惹かれました。毎度授業で無駄な説明ばかりしているので切実です、ハイ。5はなぜ入っているのか不明です。だいたい本のタイトルに!が入っている本は普段なら選ばないのですが、読書広告の文面に引っかかったのかもしれません。中身は分かりません。
6の遠藤周作はなつかしい限りです。中学時代から高校時代にかけての私の読書は、遠藤周作と筒井康隆の作品だけといっても過言ではありません。特に遠藤周作のカトリック作家としての作品群と「狐狸庵先生」シリーズの落差の大きさに驚かされたものです。歌手中島みゆきとディスクジョッキー中島みゆきの落差みたいな、と言っても分かんないよなぁ、今の中高生には。とにかく遠藤周作抜きには今の私はありません。
7は常々エコブームの胡散臭さが気になっていましたので、ちょっとのぞいてみたい本です。二酸化炭素は本当に増加しているのか疑問だと広瀬隆氏がある本で述べていたことも思い出します。8はタイトルのみで選びました。紹介記事もあったのですが忘れました。ちなみに「怖い絵 2」もあるそうです。「怖い絵」ってどんな絵だろうなぁ、想像するだけでああコワイ。
9・10はともにイスラム問題の専門家、小杉泰氏が紹介していた本ですので中身はまちがいないと思います。どちらもブッシュ後の中東を見るときに大いに参考になる本のようです。11は探しておりました。NHKの「プロフェッショナル」という番組でたまたま見て衝撃を受けた話です。リンゴの無農薬栽培は不可能と言われていたのを極貧状態まで追いつめられながら成功させたリンゴ農家のおじさんの話で、深く心動かされました。12は、その「プロフェッショナル」の司会でもおなじみの茂木健一郎氏が、古武術研究家の甲野善紀氏と「脳」と「身体」をめぐっていかなる対話をしているのか興味深いところです。

と、あいかわらず無茶苦茶でごった煮状態のリストですから私の備忘録にしかなりませんが、興味をひかれるものがありましたらどうぞご一読を。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ 教育ブログ 塾・予備校教育

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング(教育・学校)

|

« 恐るべし、ジャズ・ジャイアンツ2 | トップページ | 車が…、とほほ »

読書」カテゴリの記事

読書メモ・リスト」カテゴリの記事

コメント

歌手中島みゆきとディスクジョッキー中島みゆきの落差・・・・・わかります(笑)私が20歳くらいの時だったでしょうか、中島みゆきのラジオ番組を初めて聴いて愕然としましたから。内容は、とてもとてもここでは書けません。(笑)

「怖い絵」は本当に怖そうですね。どんなふうに怖いのか興味深いです。遠藤周作の「挑発する作家」は、他の作家たちへの辛口エッセーのような気がしますが、遠藤周作自身が挑発する作家なのかもしれませんね。ひょっとしたら小説?。いずれ面白そうです。

(学び舎主人)
コメントありがとうございます。中島みゆきのオールナイト・ニッポンだったと思いますが「○○コーナー、ー、ー」と言うときの、ゆる~い感じが大好きでした。え、中島みゆきって…こんな人だったの…という感触はなかなか忘れられませんねえ。
あ、それから『遠藤周作---挑発する作家』は、柘植光彦編とあるようにおそらく遠藤周作について書かれた評論を集めたものだろうと思います。

投稿: ちびやまめ | 2008年11月 5日 (水) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう読書週間?:

« 恐るべし、ジャズ・ジャイアンツ2 | トップページ | 車が…、とほほ »